マニュライフ生命、高校生対象の金融経済クイズ大会「エコノミクス甲子園」全国大会に7年連続で協賛

・次世代を担う高校生の金融リテラシー教育推進を目的にメインスポンサーとしてイベントを支援
・大会史上初めて、全国大会をオンライン形式で2021年2月14日(日)に開催
マニュライフ生命保険株式会社(取締役代表執行役社長兼CEO:吉住公一郎、本社:東京都新宿区、以下「マニュライフ生命」)は、高校生対象の金融経済クイズ大会「マニュライフ生命カップ 第15回全国高校生金融経済クイズ選手権 エコノミクス甲子園 全国大会」(主催:認定NPO法人 金融知力普及協会)に7年連続でメインスポンサーとして協賛します。

第15回目となるエコノミクス甲子園 全国大会は、コロナ禍においても高校生が金融経済知力No.1に挑めるよう、大会史上初めてとなるオンライン形式で2021年2月14日(日)に開催します。全国大会には2020年11月から12月に開催される地方大会(インターネット大会を含む)を勝ち抜いた計32校(64名)が出場し、トーナメント形式で開催予定です。

マニュライフ生命では、持続可能な開発目標(SDGs : Sustainable Development Goals)の達成に向け、生命保険業界として重点的に取り組む「金融リテラシー教育の推進」に注力しています。マニュライフ生命は、本イベントの趣旨である「これから社会に羽ばたく高校生に、世の中の金融経済の仕組みを読み解き、『自分のライフデザイン』や『自分とお金の関わり方』を、クイズを通じて楽しみながら学んでもらうこと」に賛同し、次世代の金融知力の向上に貢献したいと考えています。

大会についての詳細は公式ウェブサイト(https://econ-koshien.com/)をご参照ください。
 

【昨年の様子 第14回全国大会優勝校 大阪府立北野高等学校ペアとマニュライフ生命専務執行役 勝矢】【昨年の様子 第14回全国大会優勝校 大阪府立北野高等学校ペアとマニュライフ生命専務執行役 勝矢】


全国高校生金融経済クイズ選手権『エコノミクス甲子園』について

エコノミクス甲子園は、第1回大会(2006年に地方大会、2007年に全国大会を開催)以来、全国延べ4,390校から23,109名の高校生がチャレンジしてきました。参加者は同じ学校に通う生徒二人一組でエントリーし、エコノミクス甲子園を企画・主催する認定NPO法人 金融知力普及協会から提供される事前学習教材で金融知力を身につけ、地方大会に臨みます。地方大会の勝者は毎年2月に開催される全国大会に進み、全国優勝を目指します。また、認定NPO法人 金融知力普及協会は返済不要の「金子・森 育英奨学金」を給付しており、全国大会参加者のうち、所定の条件を満たす希望者の中から1~3名を選考し、全国大会で発表します。
全国大会および奨学金についての詳細は公式ウェブサイト(https://econ-koshien.com/)をご参照ください。

認定NPO法人 金融知力普及協会について
金融知力普及協会とは、全ての人々に金融知力の重要性ならびにその必要性を知っていただき、その金融知力を身につけていただくためのお手伝いをする特定非営利団体です。消費者、財界、教育界、金融界などから広く知恵を集め、会の趣旨に賛同する会員により支えられ、すべての人に金融知力を養ってもらうために活動します。
公式ウェブサイト:https://www.apfl.or.jp

マニュライフ生命について
マニュライフ生命は、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)のグループ企業で、2019年、設立20周年を迎えました。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の3つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。詳細はウェブサイト(https://www.manulife.co.jp/)をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マニュライフ生命保険株式会社 >
  3. マニュライフ生命、高校生対象の金融経済クイズ大会「エコノミクス甲子園」全国大会に7年連続で協賛