既存店舗を活用した新サービスの試験運用開始について

~スペース創造による社会問題への対応を開始します~

 株式会社ドンキホーテホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、既存店舗を活用した「宅配ロッカー」(※)と「フリースペース」を提供する新サービスの試験運用を開始しましたので、お知らせします。
 ネット通販の拡大を主因として、国内の荷物取扱量が急増するとともに、近年の核家族化や単身世帯の増加による再配達の需要が高まり、物流における“ラストワンマイル”が社会問題となっています。

 ドン・キホーテは店舗運営と商品施策に基づく独自のスペース創造により、「必要な物を、必要な時に買う」だけではなく、お買い物自体を楽しむ「時間消費型店舗」というビジネスモデルを確立しています。この度、お買い物の時間消費に加え、新たなスペース創造による「宅配ロッカー」を兼ね備えたシンプルな「フリースペース」の提供を開始し、社会問題への対応とお客さま個人の有効な時間消費をサポートします。

 2018年7月9日(月)からの「MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)」での試験運用を皮切りに、多店舗展開に向けた検討を開始します。今後もドン・キホーテグループは「顧客最優先主義」の企業理念のもと、お客さまにお買いものの『ワクワク・ドキドキ』を提供する店舗空間の創造に努めるとともに、企業の社会的責任の実践に努めてまいります。 

【宅配ロッカー】


【フリースペース】


※グローリー株式会社(本社:兵庫県姫路市)・株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区)が提供するブロックチェーン技術を活用した宅配ロッカーシステムを導入
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PPIH >
  3. 既存店舗を活用した新サービスの試験運用開始について