エミレーツ航空、ドバイを拠点に活躍する副操縦士を募集

 


エアバスA380型機とボーイング777型機を運航する世界最大級の航空会社であるエミレーツ航空は、航空会社に必要な安全性、技術、顧客体験において高い基準を満たすファースト・オフィサー(副操縦士)を募集しています。 ダイナミックな都市ドバイを拠点に、エミレーツのワイドボディ機の運航と拡大し続けるグローバルネットワークでキャリアを高めることができます。

エミレーツ航空は現在265機のエアバス機とボーイング機を保有しています。そのため、エミレーツ航空のパイロットは、世界で最も新しく近代的な機体を操縦し、6大陸、140都市に及ぶネットワークを通じて、さまざまな目的地への乗務が可能です。さらに、継続的に機体の刷新に投資しているエミレーツ航空では、数年以内にボーイング787-9型機(ドリームライナー)、ボーイング777-X型機、エアバスA350-900型機も導入予定です。

エミレーツのパイロットには、特別な環境が用意され、熟練の訓練士とともに、データに基づいたトレーニングプログラムが受けられます。最先端のトレーニング施設には、ボーイング777型機とエアバス380型機のフルフライトシミュレーターが10台完備されています。

ファースト・オフィサー(副操縦士)には、さまざまなキャリアパスがあり、機長、テクニカルパイロット、スタンダードキャプテン、試験官、教官へと着実にステップアップすることができます。

エミレーツ航空では、パイロットとその家族が充実した生活を送ることができるよう、非課税の給与、快適な住居、教育手当、優れた医療・歯科保障など、手厚い福利厚生が用意されています。従業員とその家族や友人は、エミレーツのグローバルネットワーク内で、貨物運送費と航空券の割引や特典を受けることができます。さらに、エミレーツ・グループの従業員が利用できるエミレーツ・プラチナカードで、UAE国内および世界各地の何千もの小売店やサービスで、さまざまな特典や割引が適応されます。

また、エミレーツの高度な勤怠管理システムで希望するフライトや目的地を申請することができ、特別な日に大切な人と充実した時間を過ごすこともできます。通常の勤務日には、運航乗務員には自宅職場間の送迎が付き、ドバイ国際空港と直通のエミレーツ本社で優先チェックイン施設を通過します。

160カ国以上の国籍からなるエミレーツの運航・客室乗務員は、ハブ空港のあるドバイの多文化な環境を反映しているかのように、素晴らしいチームワークを誇っています。安全で活気にあふれ、テクノロジーの進んだ都市として、ドバイは大変人気です。毎年開催される大規模なスポーツイベント、多様なアクティビティ、一流のホスピタリティと食、魅力あふれるアトラクション、インターナショナルスクールや病院、優れたインフラなどがそろっており、ドバイは何百万人もの外国人居住者に選ばれています。

空の旅が急増する中、世界で最も利用客の多い空港の一つであり、数々の賞を受賞しているドバイ国際空港からのサービスを、エミレーツ航空はさらに拡充しています。

ファースト・オフィサー(副操縦士)の応募条件として、マルチエンジン、マルチクルー機での経験、有効なICAO航空パイロットライセンス、20トンMTOW(最大離陸重量)機での2,000時間以上の飛行経験が必要です。 ご興味のある方は、応募資格の詳細をご確認の上、以下のサイトからオンラインでご応募ください。

エミレーツについて 
エミレーツ航空は、2002年に日本就航を開始。成田国際空港、東京国際空港(羽田)と関西国際空港からドバイをはじめとする世界各地へ、快適な空の旅を提供しています。2021年のワールド・トラベル・アワードでは、「リーディング・エアライン・ファーストクラス」「リーディング・エアライン-ブランド」「リーディング・エアライン・ラウンジ-ビジネスクラス」「リーディング・エアライン・リワード・プログラム」の4部門で受賞するなど、提供する商品やサービスで数々の賞を受賞しています。 


お問い合わせ先 
エミレーツ・グループ 広報 
Redhill株式会社 
Email: ekjapan@redhill.asia
 
  1. プレスリリース >
  2. エミレーツ航空 >
  3. エミレーツ航空、ドバイを拠点に活躍する副操縦士を募集