大阪府寝屋川市と“Co育てPROJECT連携協定”を締結 オンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」全国初導入!

~ニューノーマル時代の新たな子育て推進~

江崎グリコ株式会社は、家族で共に取り組む育児「Coparenting(コペアレンティング)※1」社会の実現を目指す「Co(こ)育てPROJECT※2」の一環として、本日9月24日(木)、大阪府寝屋川市 (市長:広瀬慶輔)との間で、『Co育てPROJECT連携協定』を締結しました。また、本日より、自治体を対象に江崎グリコが開発した新たなオンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」の提供を開始し、全国に先駆けて寝屋川市で導入されることが決定しました。
■ 子育てにおける課題の解決に向けた産官協働の取り組み
江崎グリコと大阪府寝屋川市は、本日、同市子育て関連施設(子育てリフレッシュ館RELATTO)において調印式を執り行い、『Co育てPROJECT連携協定』を締結しました。両者は、同市在住の子育て世代を対象に“Co育て”の普及を促進し、子育てしやすい町づくりに取り組みます。取り組みでは、当社で開発したオンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」の提供に加え、スマートフォン向けに無償提供するCo育てコミュニケーションアプリ「こぺ」等の活用を予定しています。

■子育て支援サービス「Co育てプログラム」について

府内トップクラスの子育て支援を行う寝屋川市では、「ニューノーマル時代」の新たな子育て推進として、従来の「パパママ教室」(妊娠中の生活や出産育児について学ぶことができる教室)に加え、今回新たに、オンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」の導入が決定。
本プログラムは、パパママを中心とする家族を対象に、お互いの意識のすれ違いを認識し、家族というチーム作りに寄与することを目的とした体験型講座で、子どもの出生前から一緒に子育て=「Co育て」ができるよう、妊娠中期・後期・出産後の合計3クラスで構成しています。現在新型コロナウイルス感染拡大予防における外出自粛などにより、不安や孤独感を感じている子育て世代が増加している状況を受け、本プログラムを通じて、子育て世帯の不安や孤独感を軽減し、家族で共に取り組む育児「Coparenting」社会の実現を
目指します。

<寝屋川版「Co育てプログラム」実施詳細>
・予約方法:市ホームページの専用ページから予約。
・予約開始日:令和2年10月1日午前9時~
・講座日程:第1回11月29日(土)午後1時~午後2時(第2回、第3回は日程調整中。)
※妊娠期中期、後期、子育て期の3回で1コースです。途中回からもご参加いただけます。
(詳細については、市ホームページをご覧ください。)
・実施方法:Web会議システム「Zoom(ズーム)」を使用。参加者は自宅等からオンラインで参加。
・その他:利用にはカメラとマイク機能の付いたパソコンやタブレット端末、スマートフォンが必要。

<寝屋川市コメント>
寝屋川市の保健師が「Co育てプログラム」を活用し、妊娠期から出産、子育て期についてのパパとママのコミュニケーションをシミュレーションするオンライン講座としてすすめます。お気軽にご参加下さい。また、本オンライン講座の他、妊娠中から赤ちゃんの育児に関する不安や心配等について、ご相談いただける子育て情報もお伝えします。

※1 Coparenting:米国で提唱された育児に関する概念。夫婦などの家族間でのコミュニケーションや育児協同を
      推進し、子育て環境を良好にするための研究テーマ。
※2 Co育てPROJECT:江崎グリコが展開するプロジェクトの名称。Communication(和気あいあいと)・
      Cooperation(上手に協力しながら)・Coparenting(一緒に子どもを育てる)の3つの“Co”を取った造語
      で、赤ちゃんと家族のココロとカラダの健康を実現する子育てスタイル「Co育て」の実践普及を目指す。

■Co育てコミュニケーションアプリ「こぺ」について

「こぺ」は、子育てをするパートナー間において、すれ違いを生む様々な原因を解消するコミュニケーションアプリです。パートナー間専用のメッセンジャーや、パートナー間で共有できる育児ログ、妊娠期からのCo 育てノウハウなど、子育てに役立つ様々な機能が用意されています。
(「こぺ」に関する詳細:https://www.copeapp.jp/

■江崎グリコと大阪府寝屋川市
【江崎グリコ】“事業を通じ社会に貢献する”をテーマに、創業以来、子どものココロとカラダの健やかな成長に寄与する事業に取り組んできました。生まれてくる子どもの近くにいるパパやママが、妊娠期から和気あいあいと (communicationコミュニケーション)、上手に協力しながら (cooperationコオペレーション)、いっしょに子どもを育てる (coparentingコペアレンティング)、そんな子育てを「Co育て」と名付け、実践普及を目指す「Co育てPROJECT」を2019年2月よりスタート。家族のコミュニケーションや育児協同を促し、良好な関係づくりを促進する取り組みを全国で展開しています。

【大阪府寝屋川市】
人口230,866人(令和2年9月1日時点)で、大阪府の東北部、淀川左岸に位置しています。大阪市だけでなく京都市等の大都市への通勤も便利なベッドタウンです。
寝屋川市では、妊娠期から子育て期を切れ目なく応援し、妊娠中からの心配や不安を保健師や助産師の専門職がサポートしています。また、様々な子育て支援の事業を展開し子育てしやすい街づくりに取り組んでいます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 江崎グリコ株式会社 >
  3. 大阪府寝屋川市と“Co育てPROJECT連携協定”を締結 オンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」全国初導入!