【 TEA SALON ENJYU 】3月20日(土)人生を豊かにするティーサロンがOPEN

2021年3月20日(土)、八芳園内レストラン「ENJYU」がティーサロンとして新たにOPENいたします。

株式会社八芳園(代表者取締役:長谷晴義、東京都港区白金台1‐1‐1、以下八芳園)内にあるレストラン「ENJYU」は、2021年3月20日(土)、人生を豊かにするティーサロン「TEA SALON ENJYU」として新たにOPENいたします。洗練された和の空間で、人生を豊かにする‟余白”のひとときをお過ごしください。

2021年3月20日(土)
【 TEA SALON ENJYU 】OPEN

多くのお客様に長くご愛顧いただいております八芳園内レストラン「ENJYU」が、この度2021年3月20日(土)、「TEA SALON ENJYU」として新たにオープンいたします。
洗練された和の空間で、人生を豊かにする‟余白"のひとときをお過ごしください。
 
  • 人生を豊かにする、‟余白”のひとときを。
日々の生活様式や人とのコミュニケーションが大きく変化した2020年。急速に変化する情勢や都会の喧騒の中で過ごす皆様に、ほっと心安らぐひとときをお届けしたい。ENJYUで過ごすひとときが、皆様の人生を豊かにする"余白"となるようにと想いを込めて。
店内に広がる深いコーヒーの香りと空間をデザインする音楽による、上質で洗練された空間の中にも、どこか心安らぐ懐かしさを感じる和のティーサロンとして皆様をお迎えいたします。


 

  • 〈サスティナブルな取り組み〉こだわりの高品質なドリップコーヒー
「TEA SALON ENJYU」では、お点前による本格的なお抹茶や自然栽培のハーブティーのほか、徹底した研修を受けたスタッフたちによるこだわりのドリップコーヒーをお届けいたします。
使用しているコーヒーは、八芳園全館で使用している、“コーヒーハンター”José(ホセ)川島良彰氏率いる株式会社ミカフェート監修の八芳園オリジナルブレンド。
八芳園は、お客様と生涯に渡りともに歩いていくために、あり続ける未来のために、国連の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)への実現へ向けて様々な取り組みを行う中で、日本企業としてはじめて「サスティナブル・コーヒー・チャレンジ(SCC)」に誓約を提出し、農園とともに独自のサスティナブル・ゴールに取り組むミカフェート 川島氏と出会いました。
同じ想いで同じ未来の実現へ取り組むミカフェートと手を取り合い、サスティナブルな未来を目指す高品質なコーヒーをお届けしてまいります。

 

 
  • 店内から一望する広大な日本庭園
「TEA SALON ENJYU」の店内に入ると、カウンター席から一望することができる、八芳園の広大な日本庭園が目の前に広がります。自然の趣を感じながらお茶やお食事をお楽しみいただいた後は、ぜひ実際に庭園へ足を運び、庭園散策をお愉しみください。四季折々の美しい景色や歴史ある建造物や盆栽などを眺め、都会の喧騒を忘れるひとときをお過ごしください。

  



 
  • メニュー例

※写真はイメージです※写真はイメージです

※写真はイメージです※写真はイメージです

※写真はイメージです※写真はイメージです

 
  • 店舗情報
場所
 東京都港区白金台 1-1-1 八芳園内
営業時間
 11時00分~17時00分(L.O.16時30分)
ご予約・お問い合わせ
 0570-064-128(平日 10時00分~19時00分 / 土日祝 9時30分~19時30分)

 
  • 八芳園について


八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境づくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを。海外のお客様には日本の文化を。」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストランなどの企画運営を展開、都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、お客様へ至福の時を提供しています。
2020東京大会においては、ホストタウンアピール実行委員会に参画し、イベント及びフードプロデュースを担当しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八芳園 >
  3. 【 TEA SALON ENJYU 】3月20日(土)人生を豊かにするティーサロンがOPEN