【オリックス・レンテック】業界初 ロボットショールームカー「移動Robot Lab.(ロボットラボ)車」による次世代ロボット全国ツアーを開始

~複数メーカーの最新ロボットを搭載。地方での実機体験機会を提供~

 オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:井尻 康之)とオリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信)は、このたび、複数メーカーの次世代ロボットを搭載したロボットショールームカー「移動Robot Lab.車」を共同制作しましたのでお知らせします。11月初旬より福岡県福岡市を皮切りに、全国にてロボットの実機体験機会をご提供する「移動Robot Lab.車 全国ツアー」を開始します。

イメージ図(写真上はTokyo Robot Lab.)イメージ図(写真上はTokyo Robot Lab.)

 
 「移動Robot Lab.車」は、オリックス自動車が架装した特別仕様のトラックに、オリックス・レンテックがレンタル提供する次世代ロボットを搭載した車両です。


   オリックス・レンテックでは、2016年4月より次世代ロボットのレンタルサービス「RoboRen」を開始しました。2017年1月には東京技術センター(東京都町田市)にロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」を開設し、関東近郊の法人企業のお客さまを中心に、複数メーカーのロボットの動作や操作性を一度に直接体験できる場として高い評価をいただいています。また2017年9月には、自動搬送ロボットを常設展示した「Tokyo Robot Lab.2」を新設し、さらにラインアップを拡充しています。

   今回「移動Robot Lab.車」で全国を巡回することにより、東京までの来場が難しいお客さまにも最新ロボットを間近で体験していただくことが可能になります。
   車両の仕様についてはオリックス自動車が担い、4tトラックの調達、内装、外装ラッピングを手掛けるほか、全国ツアー時に各地の営業所の駐車スペースを提供します。また、全国各地へのスムーズな移動をサポートします* 。

   日本国内では、製造現場をはじめ、さまざまな分野で労働人口の減少や生産性の向上への対策が急がれています。解決策の一つとして、企業によるロボットの導入検討が進む一方、高額な初期コストをはじめ、機種の選定知識や操作方法の習得などの課題があります。

   今回の全国ツアーでは、第一弾として九州・中国エリアなどの製造業やエレクトロニクス産業を中心としたお客さまを訪問する予定です。9メーカー10機種のロボットを展示し、ロボットの動作比較や簡易なダイレクトティーチング方法などのデモンストレーションを行います。また、各自治体と連携し、中小企業のお客さまへ向けた体験会も実施することで、次世代ロボットの導入促進を支援します。

   オリックス・レンテックは、約40年にわたる精密機器のレンタルビジネスにおける資産管理ノウハウを生かし、次世代ロボットのレンタルと自社専任エンジニアによる技術サポートを行っています。
   オリックス自動車は、トラックや特殊車両のリースで培ってきたノウハウを生かし、お客さまのご要望に応じた装備を搭載した特殊車両の企画・開発を行っています。これまでにも金融機関向けの「移動店舗車」や土木建設事業者向けの「移動事務所車」などを制作してまいりました。
 
 今後も、業界最大手である両社の強みを生かし、日本国内の人材不足の解消や生産性向上などの課題解決と、国内産業の発展に貢献してまいります。

 *全国ツアー時のドライバー手配については大新東株式会社(本社:東京都調布市、社長:遠山 秀徳)へ委託します。会社概要:http://www.shidax.co.jp/group/gaiyou.php?cid=3

 ■展示予定製品(9メーカー、10機種)


■スケジュール
第一弾:2017年11月~12月 福岡県、熊本県、大分県、鹿児島県、山口県、広島県、岡山県、兵庫県(予定)

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 【オリックス・レンテック】業界初 ロボットショールームカー「移動Robot Lab.(ロボットラボ)車」による次世代ロボット全国ツアーを開始