追手門学院小学校50年の伝統行事、全校児童によるイス座禅会の開催

 追手門学院小学校(大阪市中央区、校長:井上恵二)で50年以上続く伝統行事、座禅会を12月3日に開催します。
 この座禅会は、児童に自分を見つめ直すきっかけを持たせようと1967年から毎年開催しているものです。
 座禅は、イスに腰をかけて姿勢を正し、心を落ちかせる形で行われます。
 

                    昨年のイス座禅の様子

【ポイント】
  • 50年以上の伝統ある座禅
  • 全校児童が2学年ごとに座禅
  • イスに腰をかけて姿勢を正す形の座禅

 
【概要】
日 時:2020年12月3日(木)

会 場:追手門学院小学校(大阪市中央区大手前1-3-20)

参加者:追手門学院小学校の全児童約900人

次 第:座禅は2学年ごとに実施
・ 9時55分~10時35分   1・2年生
・10時45分~11時25分   3・4年生
・11時35分~12時15分   5・6年生

指 導:黄檗山 緑樹院
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人追手門学院 >
  3. 追手門学院小学校50年の伝統行事、全校児童によるイス座禅会の開催