『USEN助成金診断サービス』向け事業性融資の提供開始

ライトアップ×USENで助成金の受給サポートを更に促進

株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石 崇、以下、ライトアップ)とUSEN-NEXT GROUPの株式会社USEN(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田村 公正、以下、USEN)は、株式会社USEN-NEXT フィナンシャル(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥田 正一、以下、UNF)の事業性融資商品「USEN-NEXT データ・レンディング」※1(以下、「USEN-NEXT データ・レンディング」)の提供を本日10月21日より開始しました。
ライトアップとUSENは、2020年8月より業務提携契約を締結し、中小企業と店舗オーナーの方が受給できる助成金・補助金の申請までをサポートする『USEN助成金診断サービス』※2を提供しております。(なお、助成金・補助金の申請代行はライトアップ提携士業が行います。)
本連携において、サービスの更なる活用促進に向け、利用時に必要となる資金のご準備を支援するため、現在のライトアップとUSENの業務提携内容に加え、「USEN-NEXT データ・レンディング」の提供にかかる提携内容を追加しました。
 


様々な公的支援策が、国や自治体から出されているものの、内容や対象となる条件が不明瞭で実際には活用できていないという声が多く上がっております。新型コロナウイルス感染症拡大により「店舗ビジネス」に大きな影響を受けている企業や店舗が多いなか、本来受給できた助成金・補助金の見落としがないようサポートすることは、USENが掲げる「店舗総合支援サービス」の1つであると考え、2020年8月より『USEN助成金診断サービス』の提供を開始しています。

▼『USEN助成金診断サービス』
https://usen.com/portal/joseikin/

・USENのお客さまは、手軽な診断により、受給可能性の高い制度の「内容」と「金額」をすぐに確認することが可能です。
*受給を保証するものではございません。
*診断の利用は無料です。

with/afterコロナの時代に向けた「⾮対⾯化」や「省⼒化」を図るIT投資の必要性が高まる一方で、営業自粛などによる売上減少により、「投資したくても財源がない」といった問題もあります。

そこで今回、USEN-NEXT GROUPのシナジーを生かし、「USEN-NEXT データ・レンディング」の提供を行えるようにすることで、よりUSENがお客様の状況にあわせて適切なサポートを行うことが可能になります。

▼『USEN-NEXT データ・レンディング』
https://aplus.usennext-financial.jp/lp/joseikin/

今後もライトアップとUSENは、地域経済の維持・発展に貢献するため、経営支援にかかる様々な施策に対して継続的に取り組んでまいります。
 
(※1)USEN-NEXT フィナンシャルが事業性融資の提供を開始~USEN-NEXT GROUPの顧客に「USEN-NEXT データ・レンディング」を提供~(2021.8.31)
https://usen-next.co.jp/newsrelease/2021/08/unf-datalending.html

(※2)新たに『USEN助成金診断サービス』を開始75万件の顧客に対し、複雑な助成金制度を可視化し、受給サポートを(2020.8.20)
https://usen-next.co.jp/newsrelease/2020/08/usen-joseikin.html

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ライトアップ(証券コード:6580) >
  3. 『USEN助成金診断サービス』向け事業性融資の提供開始