エネチェンジ、エネルギー事業者向けSaaSサービスでSBペイメントサービスと連携したオンライン決済プラットフォームの提供開始

PayPay、LINE Payなどによる料金支払いでエネルギー業界のキャッシュレス化を支援

ENECHANGE(エネチェンジ)株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO:城口洋平、代表取締役COO:有田一平)とソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 兼 CEO:榛葉淳、以下「SBPS」)が連携し、エネチェンジが提供するSaaS型エネルギーマーケティングサービス「EMAP」の新サービス、オンライン決済プラットフォーム「EMAP Payment」の申し込み受付を2021年5月31日(月)から開始します。提供開始は2021年6月下旬以降を予定しています。これによりEMAPを導入する電力・ガス会社の契約者は、毎月の電気・ガス料金や修理代などの支払い方法として、クレジットカード決済、スマートフォン決済、キャリア決済が利用できるようになります。エネチェンジとSBPSは、エネルギー業界における利用料金支払いのキャッシュレス化を支援してまいります。



■エネチェンジ「EMAP Payment」の開発背景
エネチェンジは、エネルギー事業者向けにEMAPを提供する中で、電力・ガスの契約者と事業者双方にサービス料金の「決済」にまつわる課題が多く見られたことを受け、豊富な導入実績を持つSBPSのオンライン決済サービスと連携し、オンライン決済プラットフォームEMAP Paymentを開発しました。エネルギー周辺企業を中心に導入が進むEMAPの新機能として追加することで、クレジットカード決済に加えて普及が進むスマートフォン決済やキャリア決済による支払いが可能になります。EMAP Paymentを通じてエネルギー業界の決済シーンのデジタル化支援ならびに利便性拡大を図ってまいります。

≪EMAP Paymentが実現できること≫
  1. 電気・ガスの新規契約時や支払い忘れなど個別手続きが必要な場合、EMAP Paymentを通じてメールやショートメッセージなどで直接契約者のスマホやパソコンへ支払い通知が送信されます
  2. 契約者は専用ページから利用したい決済手段を選んで電気・ガス料金等の支払い手続きを行えます
  3. 各種修理交換や工事、機器類販売など一回限りや都度発生での支払いにも利用できます
 

≪エネチェンジ「EMAP Payment」で利用可能な決済手段≫
クレジットカード決済 Visa、Mastercard、Diners Club International、JCB、American Express
スマートフォン決済 PayPay(オンライン決済)、LINE Pay
キャリア決済 SoftBank、docomo、au

◎EMAP Paymentの詳細ついてはこちらをご覧ください。https://enechange.co.jp/emap-payment-lp/

■エネチェンジ「EMAP」について
EMAP ( Energy Marketing Acceleration Platform )は、エネチェンジが電力・ガス切り替えプラットフォームを運営する中で得た知見・情報・技術資産をもとにご提供する、電力・ガス小売の現場をデジタル化・高効率化するためのSaaS型エネルギーマーケティング支援サービスです。EMAPでは3つのサービスを電力・ガス会社向けに提供しており、今回オンライン決済プラットフォームEMAP Paymentが新たにラインアップに加わります。

  1. EMAP FRONT: 電気・ガス料金のシミュレーション、新規契約や引っ越しの申し込み受付、契約者向けのマイページなど利用者との接点となるプラットフォームを提供
  2. EMAP DESK:契約申し込み時の受付管理業務や代理店・パートナーの管理を効率的に運用
  3. EMAP BPO:スイッチング・引っ越し受付のオペレーションや料金計算などバックオフィス業務の負担を軽減
  4. (新)EMAP Payment:オンライン決済プラットフォーム


■SBペイメントサービス株式会社 営業本部 副本部長 長田直樹のコメント
この度、エネチェンジとともにエネルギー業界向け決済ソリューション「EMAP Payment」を開始できることを大変嬉しく思います。「EMAP Payment」では利用者に簡単で自由な支払い体験を提供するだけでなく、エネルギー業界の変革に取り組むエネチェンジの豊富な知見により、事業者さまにとってもお客さま対応に関する業務改善を推進できるソリューションであると確信しています。今後もエネチェンジとのパートナーシップを強固に推進しエネルギー業界のDXに貢献していきたいと思います。
 

■ENECHANGE株式会社 エネルギークラウド事業部 副事業部長 塚原宗之のコメント
昨今のキャッシュレス決済サービスは、オンラインでもオフラインでも利用できるスマホ決済を中心に利用機会が拡大し利便性が飛躍的に向上しています。今回、SBPSさまとパートナーシップを組むことにより、エネルギー利用代金の支払いを簡単・便利にするだけでなく、業務改善にも寄与するオンライン決済プラットフォームとなりました。エネルギー業界のDXを推進する新たな取り組みにご期待ください。

■SBペイメントサービス株式会社
SBPSは、決済代行会社として事業者向けにオンラインショップで利用できる35種類以上のブランドの決済手段を提供しています。また、Visa、Mastercard、UnionPay(銀聯)の国際的なクレジットカードブランドのライセンスを保有しており、決済代行に留まらず、アクワイアラの立場として加盟店審査や管理業務、決済サービスの提供までワンストップで行うことが可能です。年間3兆円を超える大規模トランザクションを処理する高度な決済システムを提供しており、事業者は安心して利用いただけます。

名称    :SBペイメントサービス株式会社
所在地    :〒105‐8025 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25階
URL    :https://www.sbpayment.jp/

■ENECHANGE株式会社
ENECHANGE(エネチェンジ )は、「エネルギーの未来をつくる」をミッションに掲げ、脱炭素社会をデジタル技術で推進するエネルギーテック企業です。自由化・デジタル化・脱炭素化・分散化に分類される「エネルギーの4D」分野で、データ活用を軸としたサービス展開しています。当社のルーツは、自由化先進国のイギリス・ケンブリッジでの電力データ研究所にあり、現在もイギリスに子会社SMAP ENERGY LIMITEDを有し、エネルギーデータの解析技術とグローバルなネットワークを有することが特徴です。

名称  :ENECHANGE株式会社
所在地 :〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3階
URL  :https://enechange.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ENECHANGE株式会社 >
  3. エネチェンジ、エネルギー事業者向けSaaSサービスでSBペイメントサービスと連携したオンライン決済プラットフォームの提供開始