―ハウステンボス フラワージャパンカップ2018-フラワー空間デザインコンテスト審査結果発表

進化を続ける実力派2名が秋の“花の世界大会”インターナショナルフラワーコンテスト出場決定!

ハウステンボスで4月14日(土)に開幕した、「ハウステンボス フラワージャパンカップ2018」では、フラワーアーティスト日本代表決定戦の『空間デザインコンテスト』と、アイディアに溢れた『フラワーアレンジメント部門』の2つの審査が行われました。本リリースでは、見どころのひとつであり、毎年秋にハウステンボスで開催される「花の世界大会」への出場の切符をかけた、『空間デザイン』部門の審査結果を下記のとおりご報告いたします。
昨年より作品数が増え、ベテラン勢が凌ぎを削る中、上位2名に輝いた井上博登氏と野崎史郎氏が、秋に開催する「花の世界大会」インターナショナルフラワーコンテストへの出場権を獲得しました。2名はいずれも本大会での受賞実績があり、昨年井上氏は優秀賞、野﨑氏は金賞だったため、結果として両氏とも順位を上げ、進化を遂げております。
メイン会場のパレス ハウステンボス館内では、フラワージャパンカップに加え、初開催となるマム(菊)展も同時開催しております。創造と彩りに溢れるハウステンボスにどうぞご期待ください。

【フラワー空間デザイン部門 最優秀作品(左)井上博登氏と優秀賞(右)野崎史郎氏の作品】

 

空間デザイン部門の優秀作品賞の受賞者は今秋開催「花の世界大会インターナショナルフラワーコンテスト」の出展資格を獲得します。

【最優秀作品賞を受賞した浜地陽平氏の作品】

 

ハウステンボス フラワージャパンカップ2018 概要
今秋開催“花の世界大会インターナショナルフラワーコンテスト”への日本代表出場権を賭けて、トップフラワーアーティストたちが技を競い合います。
12名のフラワー空間デザインアーティストがそれぞれ9㎡以内の空間に作品を作り上げる「空間デザイン」をはじめ、 スペシャルゲストが宮殿内の空間に花の装飾を施す「特別展示」、一般募集した約60点の作品を展示する「フラワーアレンジメントコンテスト」など、様々な花のアート作品がメイン会場のパレス ハウステンボスに大集合。
さらに、パレス ハウステンボスでは、初開催となる「マム(菊)展」を同時開催中。国内屈指のフラワーアーティストの作品が集うハウステンボス フラワージャパンカップ2018と、カラフルなマム(菊)展をお楽しみください。
■期間 2018年4月14日(土)~5月6日(日)
■料金 パレス ハウステンボス入館料 パスポートをお持ちの方500円、一般700円
光の王国アフター5パスポートをお持ちの方、リゾート会員は無料
※別途ハウステンボスの入場料が必要
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハウステンボス株式会社 >
  3. ―ハウステンボス フラワージャパンカップ2018-フラワー空間デザインコンテスト審査結果発表