ドローンで自社分譲地を空からご紹介/撮影物件数20件超により11月から新たにYouTube内に空撮チャンネルを開設

~ ドローン空撮を社内にて内製化 ~

ライフデザイン・カバヤ株式会社(岡山県岡山市/取締役社長:窪田健太郎)は、今年の1月よりドローンを用いた自社分譲地の紹介動画を社内で撮影、撮影物件数が20件を超えたためYouTubeにて『空撮チャンネル』を開設し、視聴者に見やすく動画をまとめ、YouTubeチャンネルを公開を行いました。

これまでに自社社員により空撮した物件数は延べ22物件となりますが、完売した物件についてはYouTube上から随時削除、現在は約12物件がチャンネル内に登録されており、下記URLから閲覧することができます。
 
  • ライフデザイン・カバヤ 空撮チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=VAIgbCkjTbw&list=PLPCKl6g76dV2URe5-qoVwICOkvkyRT2Rw

コロナ禍において、住宅購入検討者が、自宅にいながら不動産情報を収集するケースが増えております。
ライフデザイン・カバヤのウェブサイトアクセス数において、2019年11月1日~2020年10月31日の期間が308,462件、2020年11月1日~2021年10月31日の期間が408,182件と直近1年間を比較すると32.3%のアクセス数アップとなり、物件情報の深堀及び、他社との差別が必要となっていると考えます。

住宅購入を検討されている方にウェブ上で自社分譲地を紹介するうえで、ドローンを用いた空撮動画とすることで、学校・病院・スーパーなど近隣施設までの距離感が分かりやすくなります。また、ウォークスルー動画も盛り込むことで、分譲地内の雰囲気はもとより、隣接した近隣の状況も把握でき、自宅にいながら現地に出向いたような感覚になります。

今までの物件概要を紹介したウェブページでは、区画図や現地写真のみの掲載でしたが、動画による不動産物件紹介ではその訴求力が高まるとともに概要欄から実際の物件紹介ページへリンクすることにより、資料請求や問い合わせが増えると考えます。

今後も定期的に空撮動画を撮影し、住宅購入検討者へYouTubeを通じて動画配信をすることにより、自社分譲地の早期売却及び、物件情報の訴求を図っていきたいと考えております。

撮影機体
DJI MAVIC2 ZOOM

無人航空機の飛行に係る許可・承認
阪空陸第21237号

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライフデザイン・カバヤ株式会社 >
  3. ドローンで自社分譲地を空からご紹介/撮影物件数20件超により11月から新たにYouTube内に空撮チャンネルを開設