なにわ筋線の整備に向けて

5者(大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄、阪急電鉄)において、大阪・関西の成長に必要な鉄道ネットワークの強化に向け、以下の取り組みを協力して進めていくことで一致しました。
(1)なにわ筋線については、以下の計画を基本に国との協議を進め、早期事業化をめざします。
◇整備区間

・JR難波駅~(仮称)西本町駅~(仮称)北梅田駅
・南海新今宮駅~(仮称)西本町駅~(仮称)北梅田駅
◇中間駅
・(仮称)中之島駅
・(仮称)西本町駅
・(仮称)南海新難波駅
◇総事業費
・概算事業費 約3,300億円
◇事業スキーム
・地下高速鉄道整備事業費補助による上下分離方式(想定)
◇整備主体
・第3セクター
◇営業主体及び営業区間
・西日本旅客鉄道株式会社
 区間:JR難波駅~(仮称)北梅田駅
・南海電気鉄道株式会社
 区間:南海新今宮駅~(仮称)北梅田駅
◇開業目標
・平成42年度末(2031年春)

(2)なにわ筋線の整備効果や事業性をより一層高めるため、(仮称)北梅田駅北側で阪急十三方面に分岐する路線(なにわ筋連絡線)について、国と連携しながら整備に向けた調査・検討を進めます。

営業主体及び営業区間営業主体及び営業区間



阪急電鉄株式会社:http://www.hankyu.co.jp/

リリース:http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5072.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急電鉄株式会社 >
  3. なにわ筋線の整備に向けて