ナビゲーター公開オーディション2次審査を2月9日に実施!QVCで活躍する有名ゲストを審査員長に迎えた模擬オンエア

~新たな形のショッピングをお届けする次世代ナビゲーターは誰だ!~

テレビを中⼼としたマルチメディア通販企業の株式会社QVCジャパン(千葉県千葉市、代表取締役最⾼経営責任者(CEO)グレゴリー・ベルトーニ、以下「QVC」)は、「次世代の番組ナビゲーター(番組進行役)」を採用する公開オーディションの2次審査を、2021年2月9日火曜日に行います。QVCの番組で活躍する有名ゲストを審査員長に迎えた模擬オンエアを通じ、候補者10名を審査いたします。


背景と経緯
デジタル技術の飛躍的な進化やコロナ禍による行動変容を受け、ショッピングの仕方は日々変わり続けています。2021年に20周年を迎えるQVCも進化を続けるべく、新たな形のショッピングをお届けする次世代のナビゲーターを決める、公開オーディションの開催を決定しました。2020年10月17日から募集を開始し、書類審査を経て、12月16日から20日にかけて1次審査を行いました。現役ナビゲーターと個性豊かな候補者でビデオ面談を行った1次審査の様子は、こちらの動画をご覧ください。

 


今後のオーディションスケジュール
  • 最終審査:2021年3月1日~3月14日 … お客さまおよびQVC従業員による投票
  • 採用者発表:20周年を迎える2021年4月初旬…QVCの番組内で発表予定

ナビゲーターとは
番組を通じて商品を紹介するだけではなく、お客さまと過ごす時間をともに楽しみ、ショッピング体験を通じてお客さまの暮らしに新しいストーリーをお届けする存在です。

【主な職務内容】
  • お客さまにわかりやすく商品を紹介する
  • お客さまが求めている情報を、ゲストから引き出す
  • お客さまの立場に立ったパフォーマンスに努め、魅力的な番組を提供する
  • お客さまに、商品の情報を正確かつ的確にお伝えする

QVCジャパンについて
株式会社QVCジャパン(https://qvc.jp)は、2000年にアメリカ・ペンシルバニア州に本社を置くQVC社と、三井物産株式会社が60対40の合弁で設⽴したテレビショッピングを主体としたマルチメディア通販企業です。社名のQVCはQuality(品質)、Value(価値)、Convenience(利便性)の頭⽂字をとったもので、企業理念がそのまま会社名になっています。株式会社QVCジャパンは2001年4⽉1⽇午前8時に放送を開始。2004年には国内のテレビ会社では初めてとなる24時間連続⽣放送をスタートしました。2018年12⽉1⽇午前10時より、全額出資⼦会社であるQVCサテライトを通じて放送する、BS4Kの12チャンネル(4K QVC)で4K放送を開始。QVCの番組はBSデジタル4ch(BS⽇テレ)、11ch(BS11)、12ch(トゥエルビ)、スカパー!、各CATV(⼀部地域除く)、QVCライブ(インターネットテレビ放送QVC.jp)、QVCアプリ(iPhoneとAndroid端末向けのアプリケーション)に加え、⺠放系のBS4K放送事業者のチャンネルでは、ピュア4K HDRでの放送をご覧頂けます。詳細はQVCジャパンのホームページ(https://qvc.jp/information/4KQVC)よりご確認いただけます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 QVCジャパン >
  3. ナビゲーター公開オーディション2次審査を2月9日に実施!QVCで活躍する有名ゲストを審査員長に迎えた模擬オンエア