10月1日から開催 日本の名城が今、甦る!香川元太郎 城郭原画展

愛知県豊橋市の二川宿本陣資料館では、2022年10月1日(土)から11月13日(日)まで、「香川元太郎 城郭原画展」を開催します。

 

吉田城(2021年)吉田城(2021年)

城郭原画展は、たくさんの人に日本の城や歴史舞台に興味を持ってもらおうと、開催される特別展です。
迷路やかくし絵などを手掛け、我が国を代表する絵本作家の香川元太郎さんの作品が展示されます。昨年発表された豊橋市の「吉田城」の展示はもちろん、この原画展に合わせて描かれた、「船形山城」が初公開されます。
 
  • 新作 【初公開】「船形山城」(ふながたやまじょう)
現在の豊橋市雲谷町(普門寺の北西)にあったとされる船形山城。三河と遠江の境に位置し、築城時期は明らかではありませんが、今川氏が三河方面の侵攻の拠点とするために築いたものとされます。遺構として、山頂付近に囲いとなる曲輪(くるわ)、障害物となる堀切、侵入を防ぐ土塁などを確認することができます。


香川さんの作品は、「歴史考証イラスト」と呼ばれ、城や歴史の舞台となった場所の鳥観図や断面図を、歴史学・考古学の専門家とともに考証して、精密な描写で描かれています。

期間中は、北海道から沖縄までの城郭原画が展示されますので、日本の歴史の舞台を見て楽しんでください。

 

豊臣時代の大坂城天守(1993)・五稜郭(2004年)豊臣時代の大坂城天守(1993)・五稜郭(2004年)

 

また、期間中にはギャラリートークなどのイベントも開催されますので、どうぞ足をお運びください。

イベント概要
◇特別展 香川元太郎城郭原画展◇
場所:豊橋市二川宿本陣資料記念館 企画展示室(豊橋市二川町字中町65)
会期:2022年10月1日(土)~11月13日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般400円 /小・中・高校生100円 /豊橋市内在住の70歳以上100円
休館日:月曜日(ただし10月10日(月・祝)は開館、11日(火)休館)
※新型コロナウイルスの影響により、展示や関連イベントを中止する可能性があります。最新の情報は、当館ホームページhttp://www.futagawa-honjin.jp でご確認ください。

会期中に開催されるイベント
◆ギャラリートーク◆
展示された作品について、当館学芸員が解説します。
日時:2022年10月8日(土)、10月23日(日)各午後2時~
※事前申込不要です。
※ギャラリートークの参加には、入館料が必要となります。

◆風呂敷ラッピング講座◆
和のエコバックと呼ばれる風呂敷の基本の包み方、おしゃれな包み方を学びます。
日時:2022年10月22日(土)午前10時30分~11時30分
講師:伊藤わかよさん(伝統文化 ふろしき風の会 愛知代表)
参加費:800円(風呂敷代含む)
定員:20名(申込先着順)
持ち物:ボックスティッシュ
※申込は10月8日(土)午前10時~二川宿本陣資料館で受け付けます。(電話での申込可)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

【問い合わせ先】豊橋市二川宿本陣資料館
TEL 0532-41-8580 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊橋市 >
  3. 10月1日から開催 日本の名城が今、甦る!香川元太郎 城郭原画展