日本最古のマスク?世界遺産石見銀山の「福面(ふくめん)」 布地の間にはアレが挟んであった!!

江戸時代の終わり頃、世界遺産石見銀山で鉱夫たちは「福面」を使っていました。福面には驚きの工夫が!石見銀山資料館の仲野館長さんと、大田市で暮らす柴犬ハーポが「福面」に迫ります。

「福面」は、江戸時代の終わり頃に、石見銀山の鉱夫たちが、鉱山病を防ぐために使用していた防塵マスクです。
「福面」はどんな素材で出来ていたの? 布地の間に挟んであったものは?
石見銀山資料館の仲野館長さんと、島根県大田市で暮らす柴犬ハーポが福面に迫ります。
「教えて館長さん 福面編」(再生時間 約6分)

 

 

 

ナビゲーターは石見銀山資料館の中野館長さん

教えて館長さん/石見銀山資料館教えて館長さん/石見銀山資料館

 

大田市で暮らす柴犬のハーポ

大田市で暮らす柴犬ハーポ大田市で暮らす柴犬ハーポ

 

福面の謎に迫ります!

館長さんとハーポ/龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)館長さんとハーポ/龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)

 

 

日本最古のマスク?福面日本最古のマスク?福面

 

※世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の調査研究等から明らかになった情報を、多くの方々に知ってもらうために、島根県教育委員会では短編動画でわかりやすく紹介する取り組みを新たに始めました。

 


製作 島根県教育委員会
協力 石見銀山資料館、大田市教育委員会、大田市立大森小学校、石見銀山世界遺産センター、大田市観光協会

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 島根県 >
  3. 日本最古のマスク?世界遺産石見銀山の「福面(ふくめん)」 布地の間にはアレが挟んであった!!