現代自動車グループが、今後発売するヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデルに NVIDIADRIVE のインフォテインメントおよびAI プラットフォームを採用

2022 年から、ソフトウェア定義による永続的に更新可能な AI ユーザー エクスペリエンスを全製品に搭載

 

 

カリフォルニア州サンタクララ、ソウル — 2020 年 11 月 9 日 — NVIDIA と現代自動車グループは本日、同社のヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデル全ラインナップについて、2022 年から NVIDIA DRIVE™ が車載インフォテインメント (IVI) システムに標準装備されることを発表しました。エントリーレベルからプレミアム車両までの全車両に、永続的に更新可能な、ソフトウェア定義の豊富な AI ユーザー エクスペリエンスが備わることになります。

近年の AI やアクセラレーテッド コンピューティングの進歩により、次世代の自動車やトラックでは購入後に、新しい機能や能力、強化された安全機能を追加できるようになります。将来の車両は、一元化されたソフトウェア定義のコンピューティング アーキテクチャにより、常に最新の AI コックピット機能を搭載することができるようになります。

現代自動車グループは、今後のモデルに高性能でエネルギー効率の高い NVIDIA DRIVE プラットフォームを標準装備することで、シームレスで継続的に強化される車載 AI ユーザー エクスペリエンスを実現できます。NVIDIA DRIVE には、ヒュンダイ、起亜、ジェネシスの IVI システムで、オーディオ、ビデオ、ナビゲーション、接続性や、AI で強化されたコネクテッド カー サービスを実現するハードウェアとソフトウェア スタックが含まれます。

現代自動車グループのエレクトロニクス技術部門のシニア バイス プレジデントであるポール チュー (Paul Choo) 氏は、次のように述べています。「現代自動車グループでは、車両のライフタイム全体を通じて、価値、安全性、機能性、楽しさの向上を目指しています。NVIDIA DRIVE プラットフォームは、スケーラブルでエネルギー効率が高く、次世代のソフトウェア定義による車両をサポートする性能が備わっていることが、すでに実証されています。」

現代自動車グループと NVIDIA との協業は 2015 年に始まり、ジェネシス GV80、G80 には NVIDIA DRIVE による最先端の IVI システムが搭載されています。また、両社は共同で、2021 年後半にリリース予定の高度なデジタル コックピットの開発にも取り組んでいます。本日の発表では、現代自動車グループとNVIDIAの関係がさらに強化され、同社の全車両に NVIDIA DRIVE を標準搭載する事によって、将来のアプリや機能をサポートするための能力を統合するという取り組みが示されたことになります。

NVIDIA の自動運転車担当バイス プレジデントであるアリ カニ (Ali Kani) は次のように述べています。「NVIDIA は 10 年以上前に、インフォテインメント システムにコンシューマ エレクトロニクスで培った機能やグラフィックスを豊富に使ったユーザー インターフェイスをもたらしました。そして今、NVIDIAは AI の力によるインフォテインメント システムの変革に再び乗り出しています。NVIDIAは、車両のライフタイム全体にわたって顧客満足度を向上し、安全性と価値を高めようとする現代自動車グループの取り組みを支援しています。」

コネクテッド カー オペレーティング システムの実現
NVIDIA は、現代自動車グループが今後発売するモデル全体に新しいコネクテッド カー オペレーティング システム (ccOS) を投入できるよう取り組んでいます。現代自動車グループが社内で開発した新しい ccOS は、車両とそのセンサー ネットワーク、および車両外部のコネクテッド カー データ センターによって生成された大量のデータを統合し、より楽しく便利なエクスペリエンスをドライバーや同乗者に提供します。

ccOS には、新たにコネクテッド カー サービス プラットフォーム (ccSP) の統合アーキテクチャも組み込まれています。ccSP は、さまざまなパートナーが車両所有者向けの関連サービスを提供できるようにするオープン プラットフォームです。

現代自動車グループは、今後の車両発表に合わせて、IVI や ccOS の機能に関する詳細を随時発表する予定です。

現代自動車グループについて
現代自動車グループは自動車や鉄鋼、建設、物流、金融、IT、サービス業などのバリュー チェーンを生み出しているグローバル企業です。世界中に約 25 万人の社員を有する現代自動車グループ傘下には、現代自動車、起亜自動車、ジェネシスがあります。現代自動車グループは独創的な発想や協調的コミュニケーション、あらゆるチャレンジに取り組む意思を持ち、すべての人にとってより良い未来を作ることに努めています。現代自動車グループの詳細情報については、www.hyundaimotorgroup.com をご覧ください。

NVIDIA について
NVIDIA (NASDAQ:NVDA) による 1999 年の GPU 発明により、PC ゲーミング市場が爆発的に成長し、近代コンピューター グラフィックの定義が一新し、並列コンピューティングに革新がもたらされました。最近では、GPU ディープラーニングはコンピューティングの新時代を開く現代 AI の起爆剤となり、世界を認知および理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の中枢に GPU が利用されています。詳細については、https://nvidianews.nvidia.com/ をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. 現代自動車グループが、今後発売するヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデルに NVIDIADRIVE のインフォテインメントおよびAI プラットフォームを採用