映画秘宝』復刊号が2010年代映画ベスト10を発表! ベスト1は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

爆走復刊!売り切れ続出!!完売必至!!!
観れば絶対に元気が出る傑作映画200選!

 Amazonでは予約開始と同時に注文が殺到し、『映画秘宝』史上初のAmazon売れ筋ランキング【雑誌】総合部門で堂々の第1位を獲得した、2020年6月復刊号が発売されました。誌面では『映画秘宝』編集部が独断と偏見で勝手に決める、問答無用の2010年代映画ベスト10ランキングを発表しています。
 栄えある第1位に輝き、表紙を飾ったのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15年/ジョージ・ミラー監督)。本作でヒロインのフュリオサ大隊長を演じたシャーリーズ・セロンは、2010年代ベスト・ガールにも選出されました。

『映画秘宝』2020年6月号表紙/定価1,320円(税込)(C)双葉社・オフィス秘宝『映画秘宝』2020年6月号表紙/定価1,320円(税込)(C)双葉社・オフィス秘宝

 さらに、『映画秘宝』ならではの切り口で、2010年代の映画をテーマ別に徹底大総括しています。町山智浩が語る元気が出る映画大全をはじめ、荒井晴彦の2010年代日本映画ベスト&ワースト10、アメコミ映画ベスト武装ファッション10選に加えて、のんが選ぶ元気100倍映画3選、上田慎一郎のハートウォーミング映画5選、格差社会ホラー10選、元気玉名セリフ集、志村けんの爆笑コントガイドなど、コロナ・ショックの不安な世の中をポジティブに生き延びるための処方箋となるテーマが満載。
 2010年代の映画シーンを、あらゆる角度から全80ページぶち抜きで総決算しています。読めば絶対に免疫力がUPする、新たなる希望の映画雑誌『映画秘宝』6月復刊号は、絶賛発売中です。

【『映画秘宝』が独断と偏見で勝手に決める!問答無用の2010年代映画ベスト10ランキング!】
1位『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15年米、豪)
2位『オデッセイ』(15年米)
3位『レゴバットマン ザ・ムービー』(17年米)
4位『スーパー!』(10年米)
5位『バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋』(15〜17年印)
6位『キラー・ジョー』(11年米)
7位『ヒーローショー』(10年日)
8位『十三人の刺客』(10年日)
9位『哀しき獣』(10年韓)
10位『ヘレディタリー/継承』(19年米)

【天上天下唯我独尊!2010年代BEST GIRL & GUY & DIRECTOR発表!】
●BEST GIRL:シャーリーズ・セロン  
●BEST GUY:アダム・ドライヴァー
●BEST DIRECTOR:ジェームズ・ガン監督

【『映画秘宝』2020年6月復刊号の豪華登場陣】
ヒュー・キース・バーン、のん、町山智浩、柳下毅一郎、高橋ヨシキ、ギンティ小林、滝本誠、山本弘、深町秋生、荒井晴彦、井筒和幸、上田慎一郎、今泉力哉、内藤瑛亮、内山昂輝、谷垣健治、中野貴雄、會川昇、澤井健、花くまゆうさく、セルジオ石熊、宇田川幸洋、藤木TDC、江戸木純、てらさわホーク、轟夕起夫、添野知生、真魚八重子、モルモット吉田、森直人、市川力夫、人間食べ食べカエル ……and more!!

【映画秘宝とは】
ワンテーマのA5判ムックとして現・映画評論家の町山智浩が 95 年に創刊。99 年に A4判の隔月刊雑誌としてリニューアル。02 年より月刊化。主にアクション、ホラー、SF映画などのジャンル映画の特集を中心とした誌面作りでコアな映画ファン層から絶大な支持を得ている。2020年1月21日発売3月号をもって休刊していたが、2020年4月21日(火)発売の6月号より、株式会社双葉社から復刊。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社双葉社 >
  3. 映画秘宝』復刊号が2010年代映画ベスト10を発表! ベスト1は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』