グンゼの人工皮膚「ペルナック Gプラス®」を2019年1月から全国で販売開始

 グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)は、京都大学医学部附属病院形成外科と共同開発した人工皮膚「ペルナック Gプラス®」を2019年1月から全国で販売を開始します。

人工皮膚「ペルナック Gプラス®」製品とパッケージ人工皮膚「ペルナック Gプラス®」製品とパッケージ

 

浸潤した状態の「ペルナック Gプラス®」浸潤した状態の「ペルナック Gプラス®」

 

■新製品「ペルナック Gプラス®」の特長
 「ペルナック Gプラス®」は、コラーゲンスポンジ(アルカリ処理ゼラチン含有)と補強フィルムからなる二層性のコラーゲン使用人工皮膚です。また、本製品にはコラーゲンスポンジ(アルカリ処理ゼラチン含有)のみの単層のものと、滲出液排出のためのドレーンスリットを付与したものがあります。
 全層皮膚欠損創に本品を貼付することにより、埋植部からスポンジ層の空隙内に侵入した線維芽細胞によって新しい真皮様組織が形成されます。

販売名:
ペルナック Gプラス®

使用目的:
下記の疾患、並びに創傷により生じた全層皮膚欠損創における肉芽の形成
(1) 熱傷Ⅲ度
(2) 外傷性皮膚欠損
(3) 腫瘍・母斑切除後の皮膚欠損
(4) 皮弁採取部             など

販売時期:
2019年1月4日より販売開始

製造販売業者:
グンゼ株式会社

販売業者:
コンバテック ジャパン株式会社

以 上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グンゼ株式会社 >
  3. グンゼの人工皮膚「ペルナック Gプラス®」を2019年1月から全国で販売開始