最高齢の戦い!「K-1アマチュア大会」で74歳vs67歳が実現 2人の熱戦に会場からは大きな拍手

「青春をありがとうございます」(佐野さん)、「これからもアマチュア競技としてのK-1を楽しみたい」(木村さん)

​7月24日(日)東京・GENスポーツパレスにて「第47回K-1アマチュア~全日本大会・東日本予選トーナメント(キッズ・ジュニア・マスターズ)&ワンマッチ~」が開催されました。

K-1アマチュアでは40歳以上の選手を対象にした「K-1マスターズ」というカテゴリーを設けており、今大会では74歳vs67歳という過去最高齢の対戦が行われました。

74歳の佐野茂男さんは空手・キックボクシングの経験者で、地元・山梨のT-GYMに所属。キックボクシングの練習を続け、今回2度目のK-1アマチュア出場となりました。
対する67歳の木村浩さんは空手道圓明會に所属し、K-1アマチュアに定期参戦している常連ファイター。両者は今年1月の「第42回K-1アマチュア」でも対戦しており、この時は木村さんがKO勝利を収めています。


 2度目の対戦となった今回、佐野さんと木村さんは1分30秒×2Rの合計3分間をフルに戦い抜き、決着は判定へ。判定は3-0で木村さんの勝利となりましたが、会場からは大きな拍手が起こり、両者は互いに健闘を称え合いました。



「こうしてK-1アマチュアで試合ができて最高です。青春をありがとうございます。試合が終わって、戦った相手と肩を組んで、一緒に写真撮れて、こんなに最高なことはないですよ。K-1アマチュアに出ることで、普段の練習にもやりがいがあるので、これからも頑張ります」(佐野さん)



「いつもK-1アマチュアには楽しく参加させてもらっています。どのくらい競技を続けられるか分かりませんが、これからもアマチュア競技としてK-1を楽しみたいです。また佐野さんと一緒に頑張っていきたいです」(木村さん)

 




 試合後、中村拓己K-1プロデューサーは、
「われわれK-1ではプロ大会と並行してアマチュア大会を定期開催して、プロ選手を育成する以外にも競技としてK-1を楽しんでいただける場を作っています。アマチュア大会なので年齢・スキルに合わせた安全なルールとレフェリングのもとで試合を行い、年齢性別問わずたくさんの方に参加してもらい、最近では募集人数が定員オーバーすることもあります。佐野さんや木村さんのように還暦を迎えられた方に参加していただき、K-1という競技を楽しんでもらえることは非常に意味があることだと思います。これからもプロイベント同様、アマチュア大会も充実させて、スポーツ・競技としてのK-1を確立したいです」と語りました。
 

 


*第47回K-1アマチュア~全日本大会・東日本予選トーナメント(キッズ・ジュニア・マスターズ)&ワンマッチ~大会概要
日程:​7月24日(日)
◇K-1キッズ/K-1ジュニア/K-1甲子園の部
◇K-1チャレンジ/K-1マスターズの部
会場:東京・GENスポーツパレス
詳細:https://www.k-1.co.jp/ama/event/94/

 
  • 「K-1アマチュア」今後の大会スケジュール
スケジュール一覧:https://www.k-1.co.jp/ama/schedule/

2022.8.21(日)
 K-1甲子園2022〜高校生日本一決定トーナメント〜
会場:東京・GENスポーツパレス

2022.8.21(日)
 K-1カレッジ2022〜大学生日本一決定トーナメント〜
会場:東京・GENスポーツパレス

2022.8.21(日)
 第48回K-1アマチュア〜交流大会〜
会場:東京・GENスポーツパレス
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. K-1実行委員会 >
  3. 最高齢の戦い!「K-1アマチュア大会」で74歳vs67歳が実現 2人の熱戦に会場からは大きな拍手