【GMOコインユーザーを対象にした暗号資産アンケート調査を2020年も実施】暗号資産の今後に期待している人が上昇し7割以上に!一番期待する通貨は「リップル」から「ビットコイン」へ!

~約6割のユーザーが暗号資産は日本でも決済方法として広まると期待~

 GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、暗号資産取引業を営むGMOコイン株式会社(代表取締役社長:石村 富隆、以下GMOコイン)は、GMOフィナンシャルホールディングスで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供しています。
 2019年3月に発表しましたGMOコインユーザーを対象にしたアンケート調査に引き続き、2020年もアンケート調査を実施いたしました。

 

【調査背景】
2019年の暗号資産業界は、多くの企業で新しいサービスが始まり、地域通貨の普及やポイントでの「ビットコイン」購入が可能になるなど、暗号資産業界として明るい話題が多くございました。そして、2020年5月には、改正資金決済法において「仮想通貨」が「暗号資産」に呼称が改められ、GMOコインは第一種金融商品取引業者として金融庁に登録され、より安心・安全にお取引ができる環境が整ってきました。昨年に引き続き、実際に暗号資産取引をされているユーザーの方々のリアルな声を調査すべく、GMOコインユーザーを対象としたアンケートを実施いたしました。

【調査概要】
調査期間    : 2020年4月15日(水) ~  2020年4月29日(水)
調査方法    : WEBアンケート調査
調査対象    : GMOコインユーザー 1,578名

【調査結果サマリー】
<暗号資産の今後に関して>
  • 暗号資産の今後に期待している人が上昇し7割以上に!(昨年67%⇒今年73%)
  • 一番期待する通貨は「リップル」から「ビットコイン」へ!
  • 約7割以上のユーザーは「長期保有」を目的に暗号資産を活用
  • 暗号資産の魅力は「少額から投資でき、高いリターンを期待できる点」
  • 6割のユーザーが暗号資産は日本でも決済方法として広まると期待
<暗号資産の利用者層>
  • GMOコインユーザーの約半数が50万円未満で取引(48%) 少額投資が暗号資産の魅力
  • GMOコインユーザーの約3割が2019年以降で取引を開始!(34%)
  • 約6割のユーザーが経済ニュースへの関心が高まるなど、経済への意識変化が見られた。
<GMOコインの利用理由・満足度・推薦意向>
  • GMOコインの利用理由全項目でポイントが増加!利用理由のベスト3は「会社の信頼性」「セキュリティの信頼性」「手数料の安さ」
  • サービス満足度も増加(昨年47%⇒今年62%)
  • さらに、GMOコインを親しい友人にお勧めしたい割合も増加!(昨年64.3%⇒今年78.4%)

<暗号資産の今後に関して>
①   暗号資産の今後に期待している人が上昇し7割以上に!(昨年67%⇒今年73%)  


②   一番期待する通貨は「リップル」から「ビットコイン」へ!


③   約7割以上のユーザーは「長期保有」を目的に暗号資産を活用


④   暗号資産の魅力は「少額から投資でき、高いリターンを期待できる点」
  暗号資産の様々な側面に魅力を感じている人が増加


⑤   6割のユーザーが暗号資産は日本でも決済方法として広まると期待


<暗号資産の利用者層>
①   GMOコインユーザーの約半数が50万円未満で取引(48%) 少額投資が暗号資産の魅力


②   GMOコインユーザーの約3割が2019年以降で取引を開始!(34%)


③   約6割のユーザーが経済ニュースへの関心が高まるなど、経済への意識変化が見られた。


<GMOコインの利用理由・満足度・推薦意向>
 ①    GMOコインの利用理由全項目でポイントが増加!
    利用理由のベスト3は「会社の信頼性」「セキュリティの信頼性」「手数料の安さ」


②    GMOコインのサービス満足度が増加!(昨年47%⇒今年62%)


③    GMOコインを親しい友人にお勧めしたい割合も増加!(昨年64.3%⇒今年78.4%)


 GMOコインユーザーへのアンケートを通じて、引き続き、暗号資産の未来に期待していることが明確となりました。また、GMOコインの利用理由・サービス満足度も上昇しております。引き続き、GMOコインはお客様にとって安心・安全な取引環境ができるよう、サービス向上に取り組んでまいります。

■GMOコインでは、お取引の参考となる暗号資産情報を配信中
 GMOコインのHPでは、全ての取扱銘柄において、価格やチャート、騰落率など相場に関する情報をリアルタイムに配信しております。また、銘柄ごとに関連性のあるニュースも掲載しておりますので、より効率的に情報を収集いただけます。ぜひご覧ください。

【価格・相場・チャート】
・ビットコイン(BTC)           https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/
・イーサリアム(ETH)           https://coin.z.com/jp/corp/information/eth-market/
・ビットコインキャッシュ(BCH)       https://coin.z.com/jp/corp/information/bch-market/
・ライトコイン(LTC)           https://coin.z.com/jp/corp/information/ltc-market/
・リップル(XRP)             https://coin.z.com/jp/corp/information/xrp-market/
・ネム(XEM)               https://coin.z.com/jp/corp/information/xem-market/
・ステラルーメン(XLM)          https://coin.z.com/jp/corp/information/xlm-market/
・ベーシックアテンショントークン(BAT)  https://coin.z.com/jp/corp/information/bat-market/

【GMOコイン株式会社】(URL:https://coin.z.com/jp/ 
会社名  GMOコイン株式会社
所在地  東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
代表者  代表取締役社長 石村 富隆
事業内容 暗号資産の交換・取引サービス、暗号資産関連店頭デリバティブ取引サービスの提供
資本金  37.58億円(準備金含む)
登録番号 関東財務局長 第00006号(暗号資産交換業)、関東財務局長(金商)第3188号
加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本資金決済業協会
 
<GMOコイン株式会社について>
 GMOコイン株式会社は2016年10月に、GMOインターネット(東証一部上場)グループの暗号資産による投資の機会を提供する部門として設立され、2017年9月には、金融庁の仮想通貨交換業者(現、暗号資産交換業者)、2020年5月には、第一種金融商品取引業者として登録されました。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、暗号資産の取引ができる環境を提供しています。GMOコインは、安心No.1の暗号資産取引業者を目指すとともに、暗号資産業界の発展に貢献してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GMOフィナンシャルホールディングス株式会社 >
  3. 【GMOコインユーザーを対象にした暗号資産アンケート調査を2020年も実施】暗号資産の今後に期待している人が上昇し7割以上に!一番期待する通貨は「リップル」から「ビットコイン」へ!