Back to School BOGOキャンペーン : 認定試験を購入するとセットのコースが無料に ー 8月31日8:59AM (日本時間) まで

もうすぐ多くの地域で新学期がはじまり、学生たちが教室に戻る季節です。この時期は、オープンソース技術で報酬が良いキャリアを追求するために、自分自身の知識を高めて、スキルを向上させるのに適しています。

Linux FoundationとedXが最近発表したオープンソース関連の求人とキャリア動向に関する年次調査 2022 Open Source Jobs Report ( https://training.linuxfoundation.org/resources/2022-open-source-jobs-report/ ) によると、採用担当者の93%が必要なオープンソース技術実践スキルを備えた人材を見つけるのが困難と回答しており、また、10人中6人近くがオープンソース技術者に他の職種よりも高い給料を与えていると回答しました。

需要の高いオープンソース技術にはさまざまなものがありますが、最も求められているスキルセットは、クラウドコンピューティング/コンテナ、DevOps、Linuxです。クラウド デプロイメントを最大限に活用するには、少なくとも基本的なLinuxオペレーション/コマンドと合わせて、クラウド デプロイメントの開発と運用に使われるDevOpsプラクティスについて理解する必要があります。これらのスキルを習得し、さらに認定Kubernetes管理者 (CKA-JP) などの資格を取得すると、雇用主に対するスキル証明を容易に行うことができます。

Linux Foundation Training & Certificationでは、上記のような技術に加えて、ブロックチェーン、Web開発、ネットワーキング、サイバーセキュリティを含む、多くのオープンソース技術に関する包括的なトレーニングおよび認定試験を提供しています。誰もがこれらの機会にアクセスしやすくなるように、2022年8月30日まで、認定試験をを購入するとコンパニオントレーニングコース (受験準備に役立つオンラインコース) を無料で提供します。これは、例えば認定Kubernetes管理者 (CKA-JP)を購入すると、Kubernetes基礎 (LFS258-JP) に追加料金なしでアクセスできるということです。ぜひこの機会をご利用ください。

対応製品、割引コードは、キャンペーンサイトをご覧ください。 日本語版対象製品
世界共通のオープンソース スキルの認定取得を日本語で目指せるラインアップです。

* 購入時にCoupon Code欄にキャンペーンサイト記載の割引コードをを入力してください。

本キャンペーンは、個人購入が対象となります。企業による既存の従業員のリスキリングなど、チームで取り組む場合はこちらまでご連絡ください : https://training.linuxfoundation.org/ja/solutions/corporate-solutions/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Linux Foundation Japan >
  3. Back to School BOGOキャンペーン : 認定試験を購入するとセットのコースが無料に ー 8月31日8:59AM (日本時間) まで