ヒュンメルが広島文教高校ピースユニフォームを発売し、収益すべてを今夏のピースマッチに

平和の想いを繋げるピースユニをチャリティユニフォームとして発売

昨夏、広島文教大学附属高等学校の女子生徒たちとつくったピースユニフォームは、全国各地に平和のメッセージを伝えるものとしてリリース。今回、2021年夏にユース年代のピースマッチ開催決定を受け、被爆日を表す86番の広島文教高校のピースユニフォームをヒュンメル公式通販サイト限定で発売。収益すべてをピースマッチに活用します。


■平和の想いを繋げる
広島文教高校サッカー部の3rdユニフォームとして着用されているピースユニフォーム。サッカー部が対戦相手を通して平和を伝えていくツールとなっていますが、今回、広島が被爆した8月6日を表す86番のピースユニフォームの発売を決定しました。

今回のピースユニフォームづくりに携わった生徒たちの卒業もあり、彼女たちの想いをより広く伝えていきたいと、ヒュンメルとしても思いました。また2020年はコロナ禍により中止となった広島県と長崎県のユース年代のピースマッチが、2021年夏に開催されることが決定。広島文教高校のピースユニフォームを発売し、収益すべてをピースマッチに活用することで、平和の想いを繋げることができると思っています。

通常、平和を表すハトはオリーブをくわえています。これは、旧約聖書に由来する歴史あるデザインですが、広島文教のピースユニフォームは、スズランをくわえています。生徒たちは、「平和の象徴である鳩がくわえているスズランは、私たちの学校の花で、花言葉には『再び訪れる幸せ』という意味があります。戦争の後、再び訪れる幸せを願った意味も込めてスズランを入れました」と話しています。ヒュンメルは、今後もスポーツを通して、平和を発信していくプロジェクトを継続していきます。
 


 

■商品情報

広島文教高校ピースユニフォーム(86番)
Color:オレンジ(FP),ブルー(GK)
Size:S , M , L , O , XO , XO2(UNISEX)       
Price:13,200円(税込)
https://www.sskstores.jp/fs/srush/S03_HAGS121ZHB-35
*4月8日まで受注を受け付け、5月下旬にお届け予定です。



​■広島文教大学附属高等学校について
広島県広島市安佐北区にある私立の高等学校。 第二次世界大戦後の混乱の時代に、日本再生のために「誠に徹した堅実な女性」の育成することを目的に武田ミキにより創設された。2019年に、広島文教女子大学の共学化により、広島文教大学附属高等学校と改称。逞しく生き抜くことができる、自立した女性を育成する。
 【OFFICIAL WEBSITE】http://www.h-bunkyo.ac.jp/highschool/


■ヒュンメルについて
デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けています。
 【OFFICIAL WEBSITE】http://hummel.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エスエスケイ >
  3. ヒュンメルが広島文教高校ピースユニフォームを発売し、収益すべてを今夏のピースマッチに