小学生のパステルキッズの進級に関するアンケート結果発表!「88%のお母さんが進級に関して不安やお悩みを抱えている」と回答~パステル総研データリサーチ結果報告~

発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さないことを目指すリサーチ機関「パステル総研」を運営する株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊島区/代表取締役:吉野加容子)は、進級を目前に、小学生のパステルキッズの進級に関するアンケート調査を実施。88%のお母さんが、進級について不安やお悩みを抱えていることが分かりました。
詳しい結果を報告いたします。 https://desc-lab.com/88453/prt



こんにちは。発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない、5年かかっても見つからなかった悩みの解決方法が5分で見つかることを目指す「パステル総研」です。


この度は、小学生の発達障害・グレーゾーンのお母さんが、お子さんの進級を目前に、どのような不安を抱えているのか、どんな困りごとを抱えているのか、アンケート調査を実施しました。
 

【調査概要】
・調査期間:2022年3月8日~3月13日(6日間)
・回答者:パステル総研読者/トレーナーのメルマガ読者、発達科学コミュニケーショントレーナー・リサーチャー 184名
・調査方法:インターネット調査

 


4月の進級を控え、お母さんもお子さんも不安を抱えやすいこの時期。
発達障害・グレーゾーンのお子さんの中には、新しい環境が苦手だったり、先の見通しが立たないことに不安を感じる子が多くいます。
そのため、「うちの子、4月から大丈夫かな…」と不安が大きくなるお母さんが増えてきます。

 
そこで、パステル総研では、発達障害・グレーゾーンの小学生をもつお母さんを対象として、子どもの進級に関するアンケート調査を実施しました。
 
 
  • 現在、進級に関して心配やお悩みはありますか?



88%のお母さんが、お子さんの進級に心配や悩み事を抱えていることが判明しました。
 

では、実際に、どのような心配やお悩みがあるのでしょうか?


 
  • 今年4月の進級に関して、最も不安なことは何ですか?
最も不安なことを1つだけ選んでいただき、それを学年別にグラフにしています。



全学年で共通しているのが「新しい担任の先生との相性」でした。


発達障害・グレーゾーンのお子さまにとって、担任の先生との関わりは、学校生活に大きな影響を及ぼします。


先生に、お子さまの特性を理解してもらい、特性に合った関わり方をしてもらえることで、お子さまも自信をもって学校生活を送ることができるようになるため、先生との関係はとても重要になってきます。
 

また、高学年になるにつれて、「学習が難しくなること」への不安も大きくなってくることが分かりました。


では、進級について不安を抱えているお母さんは、今の時期、どんな対応をしているのでしょうか?

 
  • 進級に関して、準備していることをすべて教えてください。


6割以上のお母さんが、「家庭で肯定的な関わりをしている」と回答しています。


さらに、「担任の先生について配慮のお願いをした」、「クラスメイトについて配慮をお願いした」、「サポートブックを作成した」を合わせると約7割のお母さんが、学校と連携を取っていることが分かります。
 

この結果から、進級に備えて、「家庭での肯定的な関わり」と「学校との連携」という、家庭と学校の両方から準備を進めることが必要だということが分かります。
 

これから準備される方のために、パステル総研では、進級の準備に関する記事を多数配信しています。
ぜひご覧ください。


 進級後、新たな困りごとが出てきて問題が複雑化する前に、今できることを準備して、新学年を安心してスタートさせていただきたいと思っております。



【データリサーチに関する詳しい報告はこちら】 ログイン・ダウンロード不要でお読みいただけます。



子どもの発達を加速させる発達科学コミュニケーションとは?
パステル総研では「発達科学コミュニケーション」というメソッドで、お家でママが発達障害&グレーゾーンの子どもの発達を加速させる対応を学べる基礎講座を開講しています。「発達科学」とは、ざっくりいうと、人間は、どう発達していくの?ということを解き明かす学問分野です。「脳科学」の科学的根拠と、「心理学」「教育学」のいいとこ取りをして、より効果的に発達を支援する方法も研究されています。「発達科学コミュニケーション」は、お家でのコミュニケーションだけで効果的に発達を支援できて、お子さんの発達が伸びる、発達科学を親子のコミュニケーションに取り入れたメソッドです。 

発達科学コミュニケーションの最新情報は無料メールマガジンで毎日お届けしています  


 ■代表 吉野加容子プロフィール
雄大な自然の離島、島根県隠岐郡出身。慶応義塾大学大学院(博士課程修了)卒業後、企業との脳科学研究、医療機関での発達支援に15年間従事、発達に悩む親子へのカウンセリング、発達支援を行ってきた実績から得た「家庭で365日の発達支援が1番!」という考えのもと、脳科学、教育学、心理学のメソッドを合わせた独自の発達支援プログラム「発達科学コミュニケーション」を確立。自身が医療過疎の地域で育った経験から、すべての子どもに発達支援を届けたい!という想いで始めたオンラインを活用した発達相談や講座は日本全国・海外からも利用されています。書籍・メディア出演情報はこちら https://desc-lab.com/media/?prt

 


【会社概要】
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/
「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人々、関連機関・団体が一体となって取り組む国民運動、「健やか親子21」応援メンバー

 

記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などもお気軽にお問い合わせください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パステルコミュニケーション >
  3. 小学生のパステルキッズの進級に関するアンケート結果発表!「88%のお母さんが進級に関して不安やお悩みを抱えている」と回答~パステル総研データリサーチ結果報告~