Livoxは高性能、低コストなL3/L4自動運転アプリケーション向けの量販用LiDARセンサーを発表

HorizonおよびTele-15センサーはLivoxの革新的な走査方法を特徴とし、従来のLiDARシステムに比べてわずかなコストでより高い性能を実現

Livox Technology Company(Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDAR センサーであるHorizonTele-15を発表し、LiDAR業界に革命を起こします。これらのセンサーは従来のLiDARユニットに比べてわずかなコストで、向上した検知性能を実現する革新的な走査方法を特徴としています。高品質のLiDARテクノロジーを簡単に、かつ手頃に製品やアプリケーションに組み込めるようにすることで、LivoxはL3/L4自動運転、スマートシティ、マッピングや移動ロボット工学などにおいて革新を起こします。

「LiDAR 業界の成長ポテンシャルは、極めて高いコストと低い生産性によって、長い間伸び悩んできました。Livoxは、幅広い用途に導入しやすい高品質のLiDARシステムを提供することで、この状況を変えようとしています。弊社は技術を通じて、急成長を遂げている自動運転、移動ロボット工学、マッピングや測量などの業界で、LiDARの急速な利用拡大を促進したいと思います。」と Livox グローバルマーケティング ディレクター Henri Deng は述べています。

高性能かつコンパクトなデザイン
Livoxのセンサーでスキャンした環境は、積分時間と共に精度が増し、レーザーが視野角 (FOV) 内の未検出の空間をより詳細に描き出します。下図で示すように、Livox Mid-40またはMid-100センサーは花の形に似た独自の走査パターンを生成し、周辺環境の3Dイメージを作成します。イメージの精度は時間経過と共に急速に向上します。一方、従来のLiDAR センサーは死角を作り出すリスクがある水平リニア走査方式を使用しているため、走査時間に関係なくFOVの対象物の一部が未検知のまま残る可能性があります。LivoxのLiDARセンサーの独自の非反復走査方式により、積分時間が長いほど、FOVのカバー率は100%近くまでカバーされます。現在、これほどコストパフォーマンスの良い製品は市場にありません。

Livox独自の非反復走査パターンと従来の機械的リニア走査パターン


L3/L4自動運転への応用に適した設計
HorizonとTele-15は、L3/L4自動運転に応用できるよう設計された高性能なLiDARセンサーです。Horizonは、最大260m※1の検知範囲と81.7°の水平方向FOV (HFOV)で、距離10mの4車線の範囲までカバーでき、積分時間0.1秒での FOVカバー率は、レーザー線数64本のメカニカルLiDARと同等です。5つのHorizonユニットを使用することで、360°すべての範囲をカバーでき、そのコストはレーザー線数64本のメカニカルLiDARのわずか5%しかかかりません。そのため、例えば、お客様がロボタクシー保有車両数を100台または1000台に拡大したり、OEMやティア1企業がL3/L4自動運転機能を使用したモデルにLiDARを導入しようと検討する際、Livoxが注目されることになるでしょう。
 

歩行者が渡っている横断歩道のHorizon点群サンプル

高度長距離検知用に設計されたLivox Tele-15は、コンパクトかつ高精度で耐久性も備えています。また、リアルタイムでのマッピング範囲も大幅に拡張されています。Tele-15は、15°の円形FOVで0.1秒に99.8%の領域をスキャンでき、これは現在市販されているレーザー線数128本のメカニカルLiDARセンサーの性能よりも優れています。また、最大500m※2の検知が可能で、これは目視や同等のコストの他のセンサーでは到達できない領域です。結果として、Tele-15の革新的な性能により、自動運転システムは離れた対象物を事前によく検知し、高速の場合でもより多くの反応時間を確保できます。
 

497m離れた建物のTele-15点群サンプル
 

LiDAR比較:10m先の歩行者
 

従来の複数線数のメカニカルLiDARセンサーと比較したMid-40、Tele-15およびHorizonのカバー率性能


「当社は相当数の市販のLiDARセンサーをテストしてきましたが、やっと理想的な性能、信頼性、コストを全て兼ね備えた製品に出会うことができ、嬉しく思っています。当社は、Livoxがその革新的なテクノロジーでLiDAR市場を再定義していることに大変期待を寄せており、AutoXは2020年に当社の新しいロボタクシー保有車両でHorizonおよびTele-15を使用します。」と、AutoXのCEOおよび創業者のプロフェッサーXとして知られるJiaxiong Xiaoは発表しました。

従来のメカニカルLiDARは、通常車両の上部に取り付けられますが、風の抵抗や高さのない場所では走行性関連の問題の影響を受ける可能性があります。Livoxはハードウェアと機械設計を最適化し、HorizonとTele-15センサーの本体をコンパクト※3にしたことで、お客様が既存または将来の車両デザインに簡単にユニットを埋め込めるようになりました。

信頼性と安全性
さらに大量生産が可能になったことで、Livoxは集中的な信頼性テストを実施できるようになりました。2900ユニット以上のLivox LiDARセンサーを、さまざまな環境条件での用途において、個別に、そしてくまなく試験しました。各ユニットの誤検出率は100klxの日光下でも1/10000未満です※4。HorizonとTele-15は−40˚C〜85˚Cの温度で動作可能で、Livoxは自動車規格に適合します。また、HorizonとTele-15の全体のセンサーは保護等級IP67に適合しています。

従来のメカニカルLiDARには、360°の範囲をカバーするために複数の回転式電子機器が搭載されていますが、これは故障率を上げる可能性があります。Livox LiDARの独自の製品設計には、回転プリズム以外に可動の電子部品はありません。これによりLivox製品は、現在市販されているLiDARソリューションと比較して、より高い信頼性とより長い稼働時間を実現しています。

各センサーのレーザー出力は、IEC 60825-1(2014)に準拠した905nmクラス1レーザー製品の要件を満たしており、人間の目に安全です。※5

低コストで高品質な大量生産
新しい光電子工学設計により、Livoxは現在の市販の代替品と比べてわずかな価格で同等のソリューションを提供します。センサーの革新的な設計では必要となる高コストの部品数は減り、特許を取得しているDL-Packテクノロジーにより、Livoxセンサーは自動的にキャリブレーションされ、専門技術者による必要工数は低減され、製品収率を高めます。これにより、Livoxは優れた費用対効果をお客様にもたらし、この技術がより普及することで全般的な使用用途が広がります。

Livox SDK
Livox SDKは開発者に対し豊富な重要ツールを提供し、独自のアプリケーションやアルゴリズムの開発をサポートします。Livox SDKは、Linux/Windows/ROSなどの様々なOSやC/C++/Pythonなどの開発言語に対応しており、様々なプラットフォームでLivox LiDAR センサーをご利用いただけます。Livoxは外部パラメーターキャリブレーションやSLAMなどの共通のアルゴリズムを提供し、迅速に使用を開始することができます。

Refraction AIの共同創業者であるMatthew Johnson-RobersonはLivox SDKについて以下のように述べています。「Refraction AI当社のミッションはお客様に費用対効果の高い自動のラストワンマイル配送サービスを提供することです。そのため、LiDARの性能の高さとリーズナブルなコストが当社にとって重要な考慮事項となっています。当社はREV-1にLivox Mid-40 LiDAR センサーを数か月間使用しており、その結果に満足しています。実は、当社はMid-40を搭載する保有車両の台数を増やそうと検討しており、Livoxが当社のような新規事業にとって手頃でありながら高性能のLiDARセンサーを提供することで、業界に貢献し続けていることを嬉しく思います。」

価格と販売時期
Livox Horizonの小売価格は¥99,000で、Tele-15の小売価格は¥148,000です。Livoxセンサーの少量数の購入については、DJIオンラインストアstore.dji.comで購入可能です。Horizonは2020年1月7日から販売開始になり、Tele-15は2020年の第2四半期に販売開始になります。

注訳
※1 25°Cの環境下で、レーザーの照準を直接定めて測定 (反射率 80%)。
※2 25°Cの環境下で、レーザーの照準を直接定めて測定 (反射率 80%)。
※3 サイズ: 77×115×84 mm (Horizon) および 112×122×95 mm (Tele-15)
重量:およそ1180g (Horizon)および1600g (Tele-15)
※4 日光下での検出範囲(@100 klx)。結果は、測定条件によって異なります。詳細については、ユーザーマニュアルをご参照ください。
Horizon:90m@反射率10% 130m@反射率20% 260m@反射率80%
Tele-15:200m@反射率10% 280m@反射率20% 500m@反射率80%
※5 Livox LiDARセンサーは、第三者機関によって厳密な試験が実施され、IEC 60825-1(2014)規格に準拠するクラス1のレーザー製品であることが認定されています。LivoxのTele-15は、TÜVなどの第三機関のテストに送られ、眼部に対する安全基準(クラス1)の認証を受けています。

CES 2020 に出展
CES 2020のLivoxブースを訪れて、その革新的なソリューションについて詳しく知り、間近で実用例やデモンストレーションをご覧ください。ブースの場所はWestgateのブース番号833です。

Livox技術をすでに導入した国際企業には、ロボタクシーにフォーカスしたAutoX、自動トラック輸送にフォーカスしたCiDi、ロボット工学にフォーカスしたRefraction.aiとGS-Robot、空中、地上およびモバイルレーザースキャン技術にフォーカスしたGreen Valleyなどがあります。上記の企業は、1月8日から9日のCES期間中、Livoxブースでワークショップと体験セッションを開催します。

CESでのLivox関連の活動について詳しくは下記までお問い合わせください。
https://www.livoxtech.com/contact

製品の画像と動画はこちらで入手できます。http://bit.ly/LivoxMedia
 
Livoxについて
Livox Technology Company Limited は 2016年にDJIのOpen Innovation Programを通じて創設された独立企業です。Livoxは、従来のLiDARユニットと比べ、数分の1のコストで高性能を実現するセンサーを提供し、LiDAR業界に革新を起こそうとしています。LiDARをより簡単で安価に製品やアプリケーションに統合できるようにすることで、Livoxは、自動運転/スマートシティ/マッピング/移動ロボット工学など様々な分野に変革をもたらします。現在、Livox 製品は、アメリカ、カナダ、中国、日本、EUなど世界26カ国で販売されています。

詳細については、下記をご確認ください:
Webサイト: https://www.livoxtech.com
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCnLpB5QxlQUexi40vM12mNQ
Twitter: https://twitter.com/LivoxTech
Facebook: https://facebook.com/LivoxTech
Googleグループ: https://groups.google.com/forum/#!forum/livox-lidars
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/livox-tech
ご要望など: https://www.livoxtech.com/contact

Refraciton.aiの詳細についてはこちらをご覧ください:https://refraction.ai
AutoXの詳細についてはこちらをご覧ください:https://www.autox.ai


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DJI JAPAN株式会社 >
  3. Livoxは高性能、低コストなL3/L4自動運転アプリケーション向けの量販用LiDARセンサーを発表