低圧受電契約で最大120kW高出力が可能な蓄電池搭載型EV急速充電器の予約販売開始 ~電気自動車充電インフラ、ソフトウエア事業に参入~

ENECHANGE(エネチェンジ)株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO:城口洋平、代表取締役COO:有田一平)は、アメリカのFreeWire Technologies社(本社:アメリカ カリフォルニア州 CEO:Arcady Sosinov)の電気自動車(EV)向け蓄電池搭載型急速充電器「Boost Charger™」の予約販売を2021年6月21日(月)から開始します。Boost Charger™は、160kwhの大型蓄電池を搭載しており、低圧受電契約で設置できるため設置場所を選ばず導入コストの削減も可能です。Boost Charger™の販売は、FreeWireの販売総代理店Bell Energy株式会社(本社:茨城県つくば市 代表取締役:鈴木 勝蔵)と販売契約を締結して行います。
政府は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、2035年までに乗用車の国内新車販売を100%電動車する方針を掲げるなか、6月の閣議では、ドライバーの利便性を高めEVの普及を目指すためのインフラ整備として、EV向けの急速充電器を2030年を目処に現在の約4倍の3万台に増やす目標が盛り込まれました。当社も蓄電池搭載型急速充電器「Boost Charger™」の販売及び顧客向けの課金・決済・顧客管理ソフトウエアサービスの提供を通じて、EVの普及や充電インフラ拡大に資する新たな仕組み作りに取り組んでまいります。

 

蓄電池搭載型急速充電器「Boost Charger™」蓄電池搭載型急速充電器「Boost Charger™」

  • FreeWire蓄電池搭載型急速充電器「Boost Charger™」について
<製品特徴>
低圧受電契約に対応、どこにでも置けて、誰でも使える急速充電器

1.CHAdeMO(チャデモ)方式の充電2口を装備
160kWhの大型蓄電池を内蔵しており、1口で最大100kW、2口同時で合計最大120kW(1口60kW)の出力・充電が可能です。1時間で約100kWhの充電が可能。

2.低圧受電契約でも最大120kWの高圧出力
一般的に急速充電設備の設置には、高圧契約が必要とされキュービクルという高圧受電設備を設置をする必要があります。そのためキュービクルの設置スペースの確保や、設備を維持するための保安点検コストも高額になります。一方Boost Charger™は、27kWの低圧受電契約で供給した電気を一度蓄電池に溜めてから最大120kWの高圧で出力するため、キュービクルを設置することなく急速充電を実現します。また、設置を希望するステーションオーナー向けに、お得な電気料金プランの選び方もご提案いたします。プランによっては基本料金0円で急速充電サービスを開始していただけます。
 


3.クレジット決済対応で誰でも利用可能
クレジットカードのスキャンによる決済とICカードによる非接触決済に対応しており、会員登録不要で誰でも利用することができます。(現在は、VISA、Masterブランドに対応、随時拡大予定)

4.時間課金、kWh課金の両方に対応
Boost Charger™は、時間課金とkWh課金の両方に対応しており、2022年4月に予定されている「特定計量制度」の施行以降はkWhによる課金(従量制課金)が可能になります。EVはバッテリーの使用状況により充電効率が変わるため、同じ充電時間でも充電量が異なる場合があります。時間でなく充電量で課金できるようになればユーザーに対してフェアな価格で充電サービスを提供できることになります。

<製品概要>


[製品名]Boost Charger™(ブーストチャージャー)
[販売価格]お問い合わせください
[予約販売開始日]2021年6月21日(月)
[製品ページ]https://freewire.enechange.jp/boost-charger





 
  • 当社の役割について
当社は、ガソリンスタンドなどのサービスステーション、物流センター、ホテル旅館、観光施設、商業施設などでのEV充電スポット拡充に向けたBoost Charger™の販売に加え、ソフトウエアサービスの提供を行います。Boost Charger™の充電ステーションはステーションオーナーのマイページやアプリから、Boost Charger™毎に料金設定や課金方式の設定・変更などの操作を行えます。EVステーションの稼働状況に応じた最適な料金プランの提案や、日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格に連動して電気料金単価を設定する自動料金設定システム「ダイナミックプライシングシステム」の提供も進めてまいります。電気料金の安い時間帯に充電するメリットを享受することで、充電のタイミングを分散させ、電力系統への負荷を減らすことが期待できます。
今後はEVステーションオーナー向けの管理システムや、EV利用者向けのアプリケーションなどの開発も進めていく予定です。普及拡大が見込まれるEVや、EV充電器を有効活用いただくために様々なソフトウエアサービスを提供してまいります。
 
  • FreeWire Technologies社の海外での実績
2021年1月に5000万ドル(約55億円)の追加の資金調達を行うなど、創立6年目で調達額は1億ドル(約110億円)に達しています。イギリスのエネルギー最大手bp社とも提携しており、bp社の充電ネットワークプロバイダーのbp pulse社が2025年までにイギリス全土最大700ヵ所に急速充電器を設置する計画をたてるなか、Boost Charger™はその多くを担う予定です。
 
  • FreeWire Technologies CEO Arcady Sosinov(アーカディ・ソシノフ)氏のコメント
日本では、EVの普及に伴い、充電インフラの整備も進んでいますが、急速充電器の設置には高圧受電契約が必要になるなど費用対効果に課題があることから、低圧受電契約で設置できる当社の急速充電器にメリットを感じていただけると思います。従来の契約電力で設置できる当社の蓄電池搭載型「Boost Charger™」をENECHANGEと一緒に日本全国に拡大し、EVオーナー向けに超高速充電体験を提供できることをうれしく思います。
 
  • ENECHANGE株式会社 代表取締役CEO 城口洋平のコメント
蓄電池搭載型急速充電器「Boost Charger™」の魅力は、大型蓄電池を内蔵する独自技術により50kW未満の低圧受電契約で設置できる、という世界で唯一の技術を有している点です。電圧設備(高圧電力に必要なキュービクル設備等)が不要のため、設置が容易で維持費用が安くなり、日本で急速充電器の普及の障害になっている問題の多くを解決することができます。日本政府でも2030年までに現在の4倍にまで設置を増やす目標を掲げていますので、当社としてもこの提携を軸に、電気自動車充電設備ソフトウエア関連事業にも参入していきたいと思います。
 
  • FreeWire Technologies社について
FreeWireのターンキーパワーソリューションは、必要な時に必要な場所でエネルギーを供給でき、信頼性の高い電化を実現します。需要に応じた柔軟性のあるクリーンな電力を提供することで、当社製品オーナーは、従来のインフラ設備を変更・アップグレードすることなく、新しいアプリケーションに取り組み、新しいビジネスモデルを展開することができます。Free Wireは、Fortune誌に選ばれた企業100社、商業施設、小売店、ガソリンスタンドなどに対して蓄電池搭載型充電器を導入しています。bpパルス社との提携拡大に加え、bp社の子会社で1,000店舗以上を展開するコンビニエンスストアのampm社に対し、既に米国内で複数の公共充電ステーションを展開しています。
 
  • ENECHANGE株式会社について
ENECHANGE(エネチェンジ )は、「エネルギーの未来をつくる」をミッションに掲げ、脱炭素社会をデジタル技術で推進するエネルギーテック企業です。自由化・デジタル化・脱炭素化・分散化に分類される「エネルギーの4D」分野で、データ活用を軸としたサービス展開しています。当社のルーツは、自由化先進国のイギリス・ケンブリッジでの電力データ研究所にあり、現在もイギリスに子会社SMAP ENERGY LIMITEDを有し、エネルギーデータの解析技術とグローバルなネットワークを有することが特徴です。

名称  :ENECHANGE株式会社
所在地 :〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3階
URL  :https://enechange.co.jp/

■FreeWire「Boost Charger™」に関するお問い合わせ先
ENECHANGE株式会社 新規事業開発室担当:内藤
Mail:nb_contact@enechange.co.jp

※報道関係者向けのお問い合わせ先は、メディア関係者限定欄に記載しております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ENECHANGE株式会社 >
  3. 低圧受電契約で最大120kW高出力が可能な蓄電池搭載型EV急速充電器の予約販売開始 ~電気自動車充電インフラ、ソフトウエア事業に参入~