JR東日本ホテルズはプラスチック製品の削減に取り組みます

~ 地球にやさしいおもいやり活動 第2弾 ~

 JR東日本ホテルズ(幹事会社:日本ホテル株式会社/東京都豊島区、代表取締役社長 里見雅行)は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みの一環として、2019年度末までに宴会場やレストランで使用するプラスチック製ストローの使用を取りやめ、紙製または生分解性プラスチック製ストローへ切り替えます。また、直営物販店で使用しているプラスチック製レジ袋もバイオマスプラスチック製に切り替えます。







1.プラスチック製ストローの廃止
プラスチックストローの使用を取りやめるとともに、ストローの使用を可能な限り控え、お客さまのご要望に応じて提供する場合は、紙や生分解性※素材などを使用したストローへ2019年度末を目途に順次置き換えていきます。
※生分解性・・・木綿のように微生物の働きによって分解され、最終的には二酸化炭素と水までに分解される性質をもちます。

2.プラスチック製レジ袋の廃止
プラスチック製レジ袋の使用を取りやめ、バイオマス※プラスチック製や紙袋等に2019年度末を目途に順次置き換えていきます。
※バイオマス…再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの(トウモロコシやサトウキビなど)

3.お客さまへのご案内
SDGs達成に向けたJR東日本グループの「プラスチックの削減」の取り組みである「なくそうプラゴミ」ポスターやPOPの掲出等を通じて、 プラスチック製品の削減に ついてお客さまへご案内を行っていきます。

 

 

その他のプラスチック製品についても、順次取り組んでまいります。


 

参考資料
1.使用実績
 プラスチック製ストロー  2018年度実績:約49万本
 プラスチック製レジ袋   2018年度実績:約10万枚

2.対象ホテル
・JR東日本ホテルズで宴会場、直営レストラン&バー・ラウンジ、直営物販店のある13ホテル

※直営物販店…レジ袋使用店舗。フロントの物販販売を含む。

【持続可能な開発目標(SDGs)とは】

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは開発途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(引用:外務省ホームページより)

 

 

 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR東日本ホテルズ >
  3. JR東日本ホテルズはプラスチック製品の削減に取り組みます