東海大学付属福岡高等学校 サッカー部 平清孝総監督と堺整骨院グループ 辻井淳也トレーナー部長の対談実現に伴い、堺整骨院グループが「ふくらはぎキャンペーン」を実施!

堺整骨院HP:https://fukuoka-seikotsuin.com

サッカー界のレジェンドである、東海大学付属福岡高等学校 サッカー部 平清孝総監督と堺整骨院グループ 辻井淳也トレーナー部長の対談実現に伴い、堺整骨院グループが「ふくらはぎキャンペーン」を実施します。

【左:堺整骨院グループ 辻井淳也トレーナー部長、右:東海大学付属福岡高等学校サッカー部 平清孝総監督】
  • 辻井部長が、東海大学付属福岡高等学校サッカー部のトレーナーになった経緯

【トレーナー就任について語る、堺整骨院グループ 辻井淳也トレーナー部長】

今から約17年前の2004年頃、辻井部長は、平総監督の教え子が監督を務める高校のサッカー部で、トレーナー活動を行っていました。以前より、国民体育大会(国体)などで、お互いを知る関係でしたが、当時行われた試合の会場で改めて顔を合わせた際に、平総監督から、東海大学付属福岡高等学校サッカー部を手伝ってほしいと声を掛けました。辻井部長も以前より、強豪チームでサポートをしたいと言う思いを持っており、東海大学付属福岡高等学校サッカー部の手伝いをする事となりました。

その後、毎年 お正月に行われる、高校サッカー選手権の優秀選手の中から作り上げるチーム、U-19日本高校選抜の監督に、平総監督が就任しました。当時は、「高校サッカー界の怪物ストライカー」と呼ばれていた平山相太氏や、Jリーグチーム サガン鳥栖のJ1昇格に貢献し、現在もなお現役で活躍する、栃木SCの豊田陽平選手などが選抜されていました。選抜チームで欧州遠征を行い、国際ユース大会に参加するにあたって、鍼灸師またはアスレチックトレーナーが必要となり、色々なご縁で再び辻井部長に声が掛かり、サポートに付きました。

それから、本格的に東海大学付属福岡高等学校サッカー部のトレーナーに就任し、現在も現役のトレーナーとして、第一線で活躍されています。
 
  • 変化した高校サッカー界と、トレーナー起用について

【トレーナー起用について語る、東海大学付属福岡高等学校 サッカー部 平清孝総監督】

約20年前の2001年頃までは、サッカー部にトレーナーがいる高校は少なく、監督一人がサポートを行っている所がほとんどでした。平総監督は、現場のスタッフだけでは、サポートの知識が足りず、ケガをした際に、処置方法はある程度わかるが、復帰のタイミングなど、サポート経験豊富なプロからの目線があると、選手も安心すると思い、辻井部長に声を掛けられたそうです。

最近では、異なるスポーツ経験者が、経験のないスポーツのトレーナーに就任するというケースをよく耳にします。しかし、経験のあるスポーツだからこそ出来る処置やアドバイスがあると、平総監督は話します。実際、辻井部長は、サッカー経験者であり、堺整骨院で色々な方を診てこられました。また、高校サッカーに、メディカルトレーナーという分野を作り上げた実績もあります。
 
  • これからのサッカー界に必要なものとは?

【奥:東海大学付属福岡高等学校 サッカー部 平清孝総監督、手前左:インタビューを行う 堺整骨院グループ 大石裕之社長室 室長、手前右:堺整骨院グループ 辻井淳也トレーナー部長】

「平総監督には、将来を見越して、選手を発掘する能力があるんです。」と話す辻井部長。選手を見る時には、チームの構造に合い、将来性があるかを見るそうです。その選手の才能が、どこで開花し、どのステージまであるかまで見極めると言うから驚きです。そして、自分の元でどこまで成長させられるかが重要だと話します。

近年のユース世代(高校生から20歳まで)は、身体能力が高く、技術に優れている選手が沢山います。それに合わせ、これから狭き門であるプロの道に進み、日本代表に選抜され、サッカー界を生き残る選手は、メンタルが強い選手だと言います。メンタルと言うと、心の事を思い浮かべる方が多く、精神面を鍛える事も大切ですが、海外サッカーでは脳の事を指します。ピッチ(コート)上で起こっている、あらゆる状況を自分で判断して行動する事が出来るメンタル「思考」と、そのパフォーマンスで何が大事なのか、どういう気持ちでプレーに向かうのかを考える事が出来るメンタル「感情」。この2つはセットで、いかに均一に作用させるかが、パフォーマンスの良し悪しを左右します。

未来のサッカー界を担う選手を育てる為には、ユース世代でのメンタル育成が重要です。指導者や保護者の協力はもちろんですが、救護を行いながら、ケアやアドバイスを行ったりと、メンタルケアが出来る経験豊富なトレーナーが所属しているかで、多数のプロ選手を輩出する強豪校になれるかが決まります。これに早く気付いた指導者が勝ちだと平総監督は話します。実際、東海大学付属福岡高等学校サッカー部には、各分野の専門家が揃っています。

メンタル面を意識した指導が出来る指導者・保護者、そしてトレーナーが増えていく事が、日本のサッカー界が新たなステージに突入する為の、きっかけになるのかもしれません。
 
  • 対談実現に伴い、実施される「ふくらはぎキャンペーン」
今回の対談実現に伴い、実施される「ふくらはぎキャンペーン」では、堺整骨院グループオリジナルのふくらはぎケアを、通常よりもお安い価格でご提供されます。

ふくらはぎケアは、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎに、堺整骨院グループオリジナルの手技を施す事で、ふくらはぎや、全身の血行を改善・促進し、検討の増進に繋げるものです。

スポーツ後の筋肉疲労改善はもちろん、様々な不調でお悩みの方は是非、堺整骨院グループのふくらはぎケアを、試されてはいかがですか。
 
  • 平清孝総監督 プロフィール
【平清孝総監督】
東海大学付属福岡高等学校 校長代理。サッカー部総監督。福岡市立城西中学校2年生の頃にサッカーを始め、東福岡高等学校・日本体育大学に進学し、GKとして活躍しました。東海大学付属第五高等学校(現:東海大学付属福岡高等学校)の監督を1978年から2007年まで務め、2008年に総監督に就任しました。
 
  • 辻井淳也トレーナー部長 プロフィール
【辻井淳也院長】
堺整骨院グループ トレーナー部長 兼 福岡エリアマネージャー。東海大学付属福岡高等学校 サッカー部 チーフトレーナー。高校サッカー業界に、メディカルトレーナー分野を、約20年前の2001年頃から作り上げています。
 
  • 堺整骨院グループについて
​堺整骨院グループは、福岡県を中心として、九州に多数店舗を展開しています。気軽に通って頂ける、健康の相談窓口として、徹底した施術から復帰、怪我の予防までサポートしています。

スポーツのケガについても、選手の皆様が最高のパフォーマンスを発揮できる様、専門知識を身に着けたスタッフが、ケガの施術だけでなく、心のケアもサポートしています。

地域のスポーツ大会にも、救護トレーナーとして積極的に参加し、選手のサポートを行います。また、監督や応援に来られている家族の方の、身体の悩みにも応えられる様に、地域の方とのコミュケーションも大切にしています。

国民医療の窓口の堺整骨院グループへ、足を運んでみましょう。

 【堺整骨院グループの外観】

東海大学付属福岡高等学校サッカー部 ホームページ
https://www.tokaifukuoka.com/

東海大学付属福岡高等学校サッカー部 公式ツイッター
https://twitter.com/tokaifukuoka_fc

堺整骨院グループ 一覧
https://fukuoka-seikotsuin.com/search/

医療連携 一覧(提携医院)
https://fukuoka-seikotsuin.com/clinic/

株式会社堺整骨院
所在地 :福岡県福岡市南区大橋4-3-1
代表取締役 :堺 正孝
株式会社堺整骨院 ホームページ
https://fukuoka-seikotsuin.com
堺整骨院 トレーナー活動
https://fukuoka-seikotsuin.com/medical-trainer/
堺整骨院 交通事故
https://fukuoka-seikotsuin.com/contents/jiko_muchiuchi/
堺整骨院 求人
https://recruit.sakai-seikotsuin.jp/
堺整骨院 インスタグラム
https://www.instagram.com/sakai.seikotsuin.kousiki/
堺整骨院 公式ツイッター
https://twitter.com/sakaiseikotsuin
堺整骨院 facebook
https://www.facebook.com/sakai.seikotsuin.group/
施術メニュー(ソフト整体、猫背矯正など)
https://fukuoka-seikotsuin.com/treatment/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 堺整骨院 >
  3. 東海大学付属福岡高等学校 サッカー部 平清孝総監督と堺整骨院グループ 辻井淳也トレーナー部長の対談実現に伴い、堺整骨院グループが「ふくらはぎキャンペーン」を実施!