本日、ボカロPすりぃがセルフカバー楽曲「ヘビリンゴ」を配信リリース!

2021年7月時点でYouTube総再生数約5000万超え。

2018年3月3日よりボカロPとしての活動を開始し、これまではボーカロイドを軸に時折自身の歌唱で活動を行ってきた。
そんなすりぃが新たな試みとして女性ボーカリスト”ねね”を迎え、「あんずの花」という楽曲を4月に配信リリース&MVを公開し、ねねの力強くも儚い歌声が話題となった。そんな彼女とのコラボ第二弾楽曲として「ヘビリンゴ」を6月に配信リリース、今回はその楽曲をすりぃ自身がセルフカバーし配信リリースする。

■すりぃからのメッセージ

『心の壁』それは他人とのコミュニケーションを断ち自分が傷付くことを恐れている内向的な性格の言葉として認識される事が多いと思うのですが、他人との距離感を適切に保ち自らの心のカタチを形成し、他人を意識する事で個の存在を認識する大事な役割で誰にでも備わっているものです。
実は今回の曲はエヴァンゲリヲンから影響を受けた曲になります。僕なりの人類補完計画をしようと思ったことがきっかけで、このテーマでいつか曲を作りたいなとずっと考えていて「ヘビリンゴ」という曲ができました。
前回のあんずの花同様に、ボーカリストのねねが歌った後に僕がセルフカバーとして歌っています。
どんなに人間関係で悩みがあり関わりを遮断しても、やっぱり人として相手と向き合う事が大事でそれを望んでいるのか…その想いを力強く表現できたと思うので、映像担当のidoさんが表現した世界観とあわせて楽しんでいただければなと思います。

■作品概要
「ヘビリンゴ」
ダウンロード&サブスクリプション : https://orcd.co/hebiringo_three
配信開始日:2021年7月28日(水)~

■プロフィール
2018年3月3日ボカロPとして活動を開始、同日に初投稿した「空中分解」が後にニコニコ動画で初殿堂入り。
「テレキャスタービーボーイ」などバンドサウンドを軸にキャッチーなメロディと印象的な歌詞が特徴。
その後SNSをモチーフにしたダークな世界観の「ジャンキーナイトタウンオーケストラ」は管楽器やストリングスを取り入れエレクトロなサウンドに仕上がり、ジャンルに囚われない作風が人気となった。
活動開始から3年後の今年3月3日を【すりぃの日】とし、活動3周年の記念セルフカバーバージョン全5曲入りミニアルバムをダウンロード&サブスプリクション限定配信。
また、ボーカロイドだけではなくアーティストへの提供曲も多々あり、中でも”Ado”へ提供したジャジーで攻撃的なサウンドの「レディメイド」や人気スマホゲームのプロジェクトセカイへ書き下ろした「限りなく灰色へ」はボーカロイドver.も本人のチャンネルから投稿されている。
その他にも声優三人組ユニットのTrySailのメンバーでもある”夏川椎菜”へ提供した「アンチテーゼ」など、現在作家としての活動の幅も広げている。

■すりぃ関連リンク
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCHGKS3VDKxu3N1u9naM0XYA?view_as=subscriber
ニコニコ動画 : https://www.nicovideo.jp/user/78655994/mylist/61186360
Twitter: https://twitter.com/iii0303_8
Instagram: https://www.instagram.com/iii0303iii3/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Orchard Japan >
  3. 本日、ボカロPすりぃがセルフカバー楽曲「ヘビリンゴ」を配信リリース!