平成28年熊本地震の復興支援として902万円を寄付

熊本県庁へ目録を贈呈

全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区西日暮里 代表取締役:藤本 達司)は、熊本地震の復興支援のひとつとして、2018年3月1日から2018年8月31日の間、全国の店舗の お客様よりご協力いただいた玉・メダル相当額9,021,098円を熊本県へ寄付いたしました。
10月18日(水)に熊本県庁で目録贈呈式を行いました。当社はこれからもお客様のご協力のもと、災害復興支援を継続してまいります。

 

【熊本県庁 2018年10月18日訪問】

目録贈呈式
(右) 熊本県 蒲島 郁夫知事
(左) 弊社 取締役 松岡 大成
 

意見交換の様子
(右) 熊本県 蒲島 郁夫知事
(奥右) 取締役 松岡 大成
(奥中) 鹿児島ゾーンマネジャー 高地 謙吾
(奥左) 松橋店ストアマネジャー 成田 寛輝

【熊本県 蒲島知事より】
この度は、ご訪問、寄付をしていただき誠にありがとうございます。現在熊本県では熊本地震からの復旧・復興を一日も早く、確実に進めていくため、「創造的復興に向けた重点10項目」を定めております。その中に「すまいの再建」という項目があるのですが、震災から2年半経った今でも25,000人の被災者の方々が仮設住宅に住んでおり、熊本県としても十分な対応が出来ておりません。他にも「熊本城の復旧」や「阿蘇へのアクセスルートの回復」など対応すべき事はありますが、まずは被災者が安心して暮らせるように「すまいの再建」を全力で進めていきたいと考えております。これまでのダイナム様の寄付・復興支援活動のご協力に知事としてお礼を申し上げるとともに、今後ともご支援・ご協力を宜しくお願い致します。

【熊本地震に関する義援金含む寄付実績】

株式会社ダイナム

パチンコを「誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽」となるよう改革し、「街と生きるパチンコ。」を目指すべく、日本全国にチェーン型パチンコホールを展開しています。2018年10月現在、全国46都道府県に406店舗を展開し、1円パチンコなどの低貸玉営業を中心とした店舗展開を推進しています。

株式会社ダイナムジャパンホールディングス

信頼と夢を育む百年の挑戦という企業理念を掲げ、日本全国にチェーン型パチンコホールを展開する株式会社ダイナムを含む3社のパチンコホール経営会社およびその関連会社を保有する持株会社で、2012年8月、パチンコホールオペレーター企業として初めて株式上場しました。

(香港証券取引所メインボード/ 証券コード:06889)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイナム >
  3. 平成28年熊本地震の復興支援として902万円を寄付