採用動画プラットフォーム内にて求人動画ページを新規開設。コロナ禍のオンライン主流採用活動におけるミスマッチを防止。

会社を支える社員が感じる「働く意義・目的」を聞き、社内外へ発信。

審査制・決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY(URL:https://onlystory.co.jp/ )」を運営する株式会社オンリーストーリー(代表取締役:平野哲也、本社:東京都渋谷区)は、株式会社moovyが提供する「moovy」を利用して制作した採用動画をリリース致しました。リモート環境下での採用活動におけるミスマッチを防ぎ、適切に弊社文化・理念・人を伝えるために「社員にとってのONLY STORY(夢・目標)」をインタビューしています。


■制作背景
弊社では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年冬からオフラインの面談やミートアップ、オフィス見学などの一部採用活動を廃止しておりました。それにより求職者にとって企業理解が困難なものになったため、社内からは応募数の減少や入社後のミスマッチなどを懸念する声が上がりました。

実際に、弊社で「入社するにあたり不安だと感じたこと」を求職者にヒアリングしたところ「どのような人が働いているか分からないことが不安である」との意見が多く寄せられました。

これらの課題を解決するべく、弊社の文化・理念・人が伝わるコンテンツを公開することと致しました。


またコンテンツの種類としては、動画を選択致しました。文化や理念などは、文字にすると伝わりづらい部分があったり、長い文章になったりすることがあります。その点動画であれば、文字に加え映像、音声で人の表情や雰囲気が伝わるため、短い時間で弊社の伝えたいことが分かりやすく伝わると考えたためです。


■採用動画の概要
動画の長さ:30秒
撮影に参加した社員の年齢層:20代~30代
撮影に参加した社員の所属部門:カスタマーサクセス、セールス、マーケティング、コーポレート
URL:https://moovy.jp/company/45/jobs


■動画のコンセプト「あなたの”ONLY STORY”は?」
弊社は「1人ひとりのONLYSTORYの実現」という理念を掲げています。動画内で社員のONLY STORY(=実現したい夢や目指している目標など)を聞くことで、社員がどのような点に働きがいを感じているのかが分かります。求職者が当社を入社先として選ぶ際の判断材料や安心材料になることを目的としています。

・撮影に参加した社員の回答例
”私のONLY STORは若い世代の方々が身を置く環境に左右されず、やりたいことにチャレンジできる状況を作ることです。(30代男性・セールス部門)”

”売上の増加をはじめとするクライアントの目標を実現させることが私のONLY STORYです。”(20代男性・カスタマーサクセス部門)”


■今後の活用イメージ
今後も、弊社情報の発信を通じて企業理解における障害を取り除くことで、応募率増加、ミスマッチの減少を目指していきます。

また、他社員のONLY STORYを聞いたり、自分のONLY STORYを話すことで、リモート環境下における社員同士の相互理解を深めるきっかけになればと考えております。


■会社概要
社名:株式会社オンリーストーリー
設⽴:2014年2⽉14⽇
代表者:代表取締役社長 平野哲也
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 3-9-3 Aカントリーハウス 2・3階
会社HP:https://onlystory.co.jp/

▼ 受賞・表彰
2019・20・21年度 ベストベンチャー100選出
2019年度 GOOD DESIGN(グッドデザイン賞)受賞「日本初のビジネスモデル [チラCEO]」
2020・21年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング 小規模部門入賞
2020・21年版 アジア地域における「働きがいのある会社」ランキング 小規模部門入賞

▼出演・掲載
NHK クローズアップ現代+
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4432/index.html

TechCrunch Japan
https://jp.techcrunch.com/2021/04/14/onlystory-1-3m/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オンリーストーリー >
  3. 採用動画プラットフォーム内にて求人動画ページを新規開設。コロナ禍のオンライン主流採用活動におけるミスマッチを防止。