【命の授業】の今西乃子先生、3/28 埼玉・鴻巣市にて講演会開催! テーマは「動物のお医者さん」!

【命の授業】で知られる児童文学作家の今西乃子先生の最新刊『捨て犬・未来とどうぶつのお医者さん』が刊行されました。

この刊行を記念し、今西先生が犬の未来ちゃんとともに、
「動物のお医者さんのお仕事」を紹介する講演会を開催します。

大ケガを負って捨てられていた犬の未来ちゃんが、
今西先生に引き取られるまでを紹介する「映像」から、
クイズを交えた「動物のお医者さんについてのお話」、
さらに、犬の心臓の音を聴診器で聴く「獣医さん体験」、
未来ちゃんとの「記念撮影」タイムも。

犬や動物が大好きな人、獣医さんになりたい人、
いろんな仕事を知りたい人におススメの講演会です。


 

  • 今西乃子先生講演会 どうぶつのお医者さんのお仕事ってどんなの?

日時:2020年3月28日(土)14:00〜15:30
会場:埼玉県鴻巣市立川里図書館・視聴覚室

〒365-0004  埼玉県鴻巣市関新田1281-1 http://lib.city.kounosu.saitama.jp/shisetsu/kawasato.html
定員:40名様 小学生とその保護者、一般の方(申込順)
申込:2020年3月4日(水)から受付開始します。
      来館、または電話で、鴻巣市立川里図書館(TEL 048-569-3030)へお申し込みください。
参加費:無料
備考:鴻巣市在住の方でなくても、ご参加いただけます。

◉講演会の内容
1 捨て犬・未来劇場 (映像)
2 どうぶつのお医者さんのお仕事って?
3 犬の心臓の音を聴診器で聞こう!
4 未来ちゃんと写真を撮ろう!
★参加者に「未来ちゃん特製しおり」プレゼント!

◉プロフィール
今西 乃子(いまにし・のりこ)

児童文学作家。児童文学者協会会員。動物愛護社会化推進協会理事。
1965年、大阪府岸和田市生まれ。千葉県在住。
2000年に出版した『国境をこえた子どもたち』(あかね書房)の第48回産経児童出版文化賞推薦受賞で、児童文学作家として活動を開始。二冊目の著書『ドッグ・シェルター』(金の星社)で、第36回日本児童文学者協会新人賞を受賞。
執筆の傍ら、愛犬・未来を連れて全国の小中学校、図書館、少年院、刑務所などで「命の授業」を展開。その数、2019年には230施設を超える。
現在、動物愛護センターから引き取った犬の「未来」&「きらら」と同居中。
主な著書に『犬たちをおくる日』(金の星社)をはじめ、我が家の未来を描き続けたノンフィクション「捨て犬・未来シリーズ」(岩崎書店)など多数。

浜田 一男(はまだ・かずお)
写真家。
1958年、千葉県生まれ。東京写真専門学校(現東京ヴィジュアルアーツ)卒業。
第21回日本広告写真協会(APA)展入選。
2010年から全国各地で「小さな命の写真展」と題する写真展開催。『小さないのち まほうにかけられた犬たち』(金の星社)で第21回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞受賞、『小さないのち』『犬たちをおくる日』 (共に金の星社)で厚生労働省児童福祉文化財に認定。
 

◆書籍情報
書名:『捨て犬・未来とどうぶつのお医者さん』

作者:今西乃子・著/浜田一男・写真
定価:本体1,300円+税
仕様:A5判/152頁/ハードカバー
ISBN:978-4-265-08038-0
対象年齢:小学校高学年から
発売日:2019年9月16日
◎岩崎書店HP https://bit.ly/36fZF3w
◎Amazon https://amzn.to/2PDlHr8

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 岩崎書店 >
  3. 【命の授業】の今西乃子先生、3/28 埼玉・鴻巣市にて講演会開催! テーマは「動物のお医者さん」!