freee、太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社と業務提携

上場企業やIPO準備企業のクラウド化を推進

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下 freee)は、太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:梶川 融 以下、太陽グラントソントン・アドバイザーズ)と、上場企業・IPO準備企業を中心としたバックオフィス業務のクラウド化推進を目的とし、業務提携しましたのでお知らせします。太陽グラントソントン・アドバイザーズが顧客へのfreeeのプロダクト導入を推進し、今後さらなる施策を検討してまいります。

■太陽グラントソントングループが持つIPOに関するナレッジを活用し、バックオフィス業務のクラウド化を促進
 IPOを目指す企業や数百名規模の上場企業は、内部統制と業務効率化の必要性からERP(Enterprise Resources Planning)導入を検討することがありますが、価格面で導入が難しいことが多くありました。freeeでは、2017年3月に内部統制機能や汎用ワークフロー機能を搭載する「freee エンタープライズプラン」の提供を開始し、クラウドERPとしてデータ入力や帳票作成だけでなく経営の意思決定支援に役立つバックオフィスのサポートを低価格で実現しました。多くのIPO準備企業・上場企業に新たな選択肢を提供し、実際に導入が進んでいます。

 今回の業務提携により、IPOナレッジや支援実績を数多く持つ太陽グラントソントングループと、クラウドERPによってIPO準備企業・上場企業を支援するfreeeのシナジーによる、成長企業のさらなるバックオフィスクラウド化を推進してまいります。

■太陽グラントソントン・アドバイザーズからのコメント
上場を果たすためには、上場企業に求められる様々な内部統制を整備・運用する必要があります。上場企業に向けて開発されたシステムを使いこなすことで、効果的効率的な内部統制を構築できる可能性があります。システムを利用した内部統制の構築により、上場後においても間接部門の負担軽減につながります。

<freee株式会社 概要>
「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。
・会社名 freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
・代表者 代表取締役 佐々木大輔
・設立日 2012年7月9日
・資本金 161億603万円(資本準備金等含む)
・所在地 東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. freee、太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社と業務提携