記念すべき10大会目となったリーグ・オブ・レジェンドの世界大会『2020 World Championship』の観戦データが公開!

- 累計視聴時間は10億時間越え!過去最高記録を更新 -

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends、以下LoL)の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、
2020年9月25日(金)から10月31日(土)まで、中国 : Shanghai Media Tech Centerにて開催された、LoLの最大の世界大会「2020 World Championship」の視聴数などの観戦データを公表しました。

 本大会で記念すべき10回目を迎えた「World Championship」は、世界的な新型コロナウィルスの影響を受け、トーナメント全体を単一都市開催へ変更や、Vietnam Championship Series(VCL)代表チームの渡航が不可能となるなど、前例の無い大会となりました。

公式大会動画 : 

 

 

  • World Championship全体の累計視聴時間も10億時間を超え、過去最高記録を更新

トーナメントの幕開けとなるプレイインテージでは、Shanghai Media Tech Centerを舞台にMR(複合現実)技術を駆使して、上海の名所を会場に作り出すバーチャルトリップを実現。コロナウィルスの影響を受けた本大会でしたが、結果的にプレイインテージ全38試合の視聴累計時間は1億6092万時間と、2019年比で61.76%と大幅に増加しました。また平均視聴者数360万ビューとそれぞれ大幅に上昇。加えてWorld Championship全体の累計視聴時間も10億時間を超えて過去最高記録を更新しました。

  • ​​アリーナ観戦は6,312人のみ 申し込み総数は約320万人
予選と同じく上海で開催されたFInalは完成したばかりの「SAIC Motor Pudong Arena」で感染症対策に配慮した上で実施。ソーシャルディスタンスを考慮しアリーナ内で観戦できるのは6,312名のみとし、事前のチケット抽選制を導入しました。申し込み資格にサモナーレベル(プレイヤーレベル)30以上という条件付きであったにもかかわらず320万5750人の申し込みがありました。

  • 平均視聴者数/分は過去最高記録を塗り替える2304万人
Finalは合計16言語・21プラットフォームで配信され、その視聴データを世界各地から検証/標準化した結果、World Championship 2020 Finalの平均視聴者数/分(Average minute audience 、AMA)は過去最高記録を塗り替える2304万人となりました。

  • グローバルパートナーにBose、Cisco、Mercedes-Benz、Spotifyが加わる
本大会は、12社のグローバルパートナーが参画。過去大会と同様の8社――Red Bull、Mastercard、OPPO、Alienware、Louis Vuitton、Axe、Secretlab、State Farm――に加え、Bose、Cisco、Mercedes-Benz、Spotifyの4社が新たに加わっています。

  • 参加プレイヤーのコロナウィルス感染症はゼロ
世界的コロナウィルス感染の影響を受け、前例にない大会となったWorlds 2020。1ヶ月以上にわたる本トーナメントの参加プレイヤーのコロナウィルス検査陽性者は「ゼロ」で、プレイヤー/観戦者の安全に最も配慮した大会であったことが証明されました。
 
  • ライアットゲームズについて
2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーに2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。毎年開催されるLoLの世界大会「リーグ・オブ・レジェンド World Championship(Worlds)」は、世界最大級のeスポーツイベントとして知られる。 LoL10周年となる2019年に『レジェンド・オブ・ルーンテラ』や『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』など、新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した。世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。
(2019年10月現在)
関連リンク
ライアットゲームズ公式サイト : https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

 
  • リーグ・オブ・レジェンドについて
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。

関連リンク:
リーグ・オブ・レジェンド公式サイト : http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社ライアットゲームズ >
  3. 記念すべき10大会目となったリーグ・オブ・レジェンドの世界大会『2020 World Championship』の観戦データが公開!