バクラク、インボイス制度への対応方針と開発ロードマップを公開

株式会社LayerXは、「バクラク」シリーズにおけるインボイス制度対応方針と開発ロードマップを公開しました。インボイス制度による経理実務への負担が大きい請求書処理や経費精算等の業務において、よりスムーズに対応できる機能を強化していく予定です。
https://bakuraku.jp/

 
  • 概要
2023年10月より開始するインボイス制度において、適格請求書発行事業者は、適格請求書の交付だけでなく、受け取った請求書等の処理に対する対応が求められています。一方で、請求書や領収書は多様な様式で受領するケースが多く確認項目も多いことから、事前準備や制度開始後の対応についても、請求書等受け取り側の対応の方が業務負荷が大きいと言われています。

「バクラク」は、請求書処理、経費精算、稟議申請、法人カードなどの支出管理をなめらかに一本化するサービスです。インボイス制度において、特に経理実務上の負担が増える請求書等の受け取り側の業務について、制度対応の負担を軽減しつつ、業務効率化に資する機能を以下の表の通り順次提供していきます。
 



「バクラク請求書」ではすでに、請求書等に記載されている適格請求書発行事業者番号をAIが読み取り正しい番号か判定する機能や、取引先マスタ上で取引先が適格請求書発行事業者かを自動判定する機能を実装済みです。これに加えて、「バクラク請求書」以外の各プロダクトにおいても、2023年の前半にかけて、順次インボイス制度対応機能を拡充していく予定です。

各プロダクトのインボイス制度対応における機能の詳細や開発スケジュールに関しては、以下の資料をダウンロードの上、ご覧ください。

「バクラクシリーズ インボイス制度対応方針&ロードマップ」
https://bakuraku.jp/resources/how-to/invoice_system-of-bakuraku
 

 
  • インボイス制度対応なら、バクラク!

「バクラク」では、インボイス制度が請求書等の発行や受取時における経理実務に大きな影響を与えることを踏まえ、経理実務に役立つ様々な無料コンテンツを発信しています。

経理実務者向け・インボイス制度対応のための特設サイト
https://bakuraku.jp/lp/invoice

実務対応Q&A付き!インボイス制度徹底解説ガイド
https://bakuraku.jp/resources/how-to/invoice_system-perfect-guide
 
  • バクラクとは

バクラクは、請求書処理、経費精算、稟議申請、法人カードなどの支出管理をなめらかに一本化するサービスです。電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応し、業務効率化と法令対応の両立を実現します。
https://bakuraku.jp/
 
  • 株式会社LayerX 概要

LayerXは、「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに掲げるSaaS+FinTechスタートアップです。 法人支出管理サービス「バクラク」を中心に、デジタルネイティブなアセットマネジメント会社を目指す合弁会社「三井物産デジタル・アセットマネジメント」、プライバシー保護技術「Anonify」で組織横断のデータ利活用を目指すPrivacyTech事業などを開発・運営しています。

設立:2018年8月
代表者:代表取締役CEO 福島良典 / 代表取締役CTO 松本勇気
所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-9-8 人形町PREX 2階
資本金:31億円(資本準備金含む)
コーポレートサイト:https://layerx.co.jp/
採用サイト:https://jobs.layerx.co.jp/
お問い合わせ:https://layerx.co.jp/contact

事業サイト:
・バクラク:https://bakuraku.jp/
・三井物産デジタル・アセットマネジメント:https://corp.mitsui-x.com/
・Anonify:https://www.anonify.layerx.co.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. LayerX >
  3. バクラク、インボイス制度への対応方針と開発ロードマップを公開