埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、埼玉県の蔵の町小江戸川越にあるぶどうと苺の農園である、ぶどうと苺の沼田園と2022シーズンのクラブパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、埼玉県の蔵の町小江戸川越にあるぶどうと苺の農園であるぶどうと苺の沼田園(埼玉県川越市、園主 沼田敏明)とクラブパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、 川越に夢と感動を創出し続け、 100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、 川越に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、 地元川越へ応援を通じて貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■ぶどうと苺の沼田園 園主 沼田敏明 様 コメント

「最近は、正直なところサッカーにあまり関心がなくなっていました。サッカーと言えば、子供の頃に「キャプテン翼」をよくテレビで観ていました。大学生になったときにJリーグが始まり、「ドーハの悲劇」と言われるワールドカップ予選に興奮したのを覚えています。浦和レッズ戦も年間に数試合を見に行くこともありました。今回、川越市からJリーグを目指すサッカークラブができたと聞いて、楽しくサッカーを観ていた頃を思い出しました。微力ながら応援したいと思い、パートナーシップ契約をさせていただきました。期待しています。頑張ってください。」

HP: https://grape-numata-kawagoe.jimdofree.com/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 取締役 中島涼輔 コメント

「代表の沼田さんご自身もスポーツを嗜まれており、川越からJリーグを目指す動きを応援したいということからこのようなご縁をいただきました。今の時期はリーグ公式戦の安比奈親水公園サッカー場近くでイチゴ狩りを提供されており、ぜひファンサポーターの皆様にもご利用いただきたいお店です!この場をお借りして、本パートナーシップ締結にご尽力いただきました皆様に感謝を申し上げます。」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画:  https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP:  https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、埼玉県の蔵の町小江戸川越にあるぶどうと苺の農園である、ぶどうと苺の沼田園と2022シーズンのクラブパートナー契約を締結