東京都発行の「東京グリーンボンド」への投資について

ソニー生命保険株式会社(社長:萩本 友男、以下「当社」)は、このたび、東京都が発行するグリーンボンドである「東京グリーンボンド」(5年債:発行総額50億円)に投資したことをお知らせします。当社のグリーンボンドへの投資は今回が初めてとなります。

グリーンボンドは、環境事業に要する資金を調達するために発行する債券です。東京グリーンボンドは、国際資本市場協会(International Capital Market Association:ICMA)が定義する「グリーンボンド」の特性に従った債券である旨、セカンド・パーティー・オピニオンを取得しています(セカンド・パーティー・オピニオン発行者:ISS-oekom)。

東京グリーンボンド発行による調達資金は、気候変動への適応、スマートエネルギー都市づくり、生活環境の向上に関連した事業等に充当される予定です。

当社は、生命保険会社としての社会的使命を全うし、持続可能な社会の実現を目指すことを目的として、社会貢献活動に率先して取り組んでいます。資産運用においても、長期的に安心を提供するという生命保険会社の役割に照らし、持続可能な国際社会づくりに貢献することで、社会的責任を果たしていきたいと考えています。

<本債券の概要>
債券名: 東京都公募公債(東京グリーンボンド(5年))第3回
発行体: 東京都(S&P格付け:A+)
償還年限: 5年
発行総額: 50億円
利率: 0.001%

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー生命保険株式会社 >
  3. 東京都発行の「東京グリーンボンド」への投資について