7/1(木)15:00~16:00 ウェビナー開催「有望な未来市場を開拓する 新!事業創造メソッド 『未来予測データ』×『クリエイター発想』で自社の飛躍可能性をデザインする」

企業の飛躍可能性をデザインする「Future Vision Studio」と、膨大な無形資産可視化データベースを駆使しデータドリブンで未来予測するアスタミューゼがウェビナーを開催。新規事業開発や企業価値向上について両者コラボレーションした独自のメソッドをご紹介します。
未来市場を開拓する新規事業開発を行うためには、直近の収益を目的とするだけでなく社内外にビジョンを発信して期待感を醸成することが不可欠です。

今回のウェビナーでは、

【未来予測データによる自社の持つ技術のポテンシャル】
     ×
【クリエイター発想によるアイディエーション】


というかけあわせで新事業開発と企業価値向上をワンストップで両立する手法と提供プログラムについて、電通及びアスタミューゼよりご紹介いたします。

《提供プログラム》
Future Vision Studio
 https://futurevision.studio/
アスタミューゼ:InnovationCapital Pathfinder(ICP)
 https://pathfinder.innovation-capital.biz/

セミナー開催概要
日時:2021年7月1日(木)15:00 ~ 16:00
配信方法:zoom(オンライン)
参加費用:無料(要:事前登録)
定員:500名(先着順)

[内容]
1.自社の飛躍可能性をデザインする必要性について
2.自社の技術アセットから事業アイデアを創出する方法について(アスタミューゼ)
3.生活者のインサイトやニーズを起点にアイデアを作る方法について(電通)
4.Future Vision Studioのご紹介
5.Q&A

 [このような方にオススメ]
・新規事業、事業企画、イノベーション部署担当者様
・共感を得る企業ビジョンを描きたい経営企画、経営者の皆様
・合意形成に課題のあるコンソーシアム担当者様
・研究所、R&D担当者様
・万博等企業ビジョンを発信するイベントの出展担当者様
・資金調達を目指すベンチャー企業担当者様
・ビジョンを発信し採用活動に活かしたい採用担当者様

スピーカー

榊良祐 Sakaki Ryosuke
株式会社電通 Creative Director / Future Vision Studio 代表 / OPEN MEALS 代表
2004年電通入社。主にArt Directorとして様々な企業の広告キャンペーンに携わり、現在は「ウェルビーイングな22世紀共創」をミッションとして縦横無尽に領域拡張中。近年の主なプロジェクトに、企業の飛躍可能性をデザインする「Future Vision Studio」、未来食産業共創プロジェクト「OPEN MEALS」、宇宙食市場共創プロジェクト「space foodsphere」、2023年開業予定の「北海道ボールパーク」プロジェクト、全都民配布の防災ブック『東京防災』プロジェクトなど。グッドデザイン金賞。D&AD/カンヌほか受賞多数。「令和ヒットをつくる23人」(日経BP)に選出。
 

池田直人 Ikeda Naoto
アスタミューゼ株式会社 事業開発本部 ディレクター
東京大学大学院修了後、大手グローバルコンサルティングファーム等を経てアスタミューゼに入社。アスタミューゼにおいては、新規事業創出のコンサルティングに従事すると共に、社内の新規事業である新規事業創出・オープンイノベーション支援SaaS・InnovationCapital Pathfinder(ICP)の事業責任者として事業推進を担当。

[参加方法]
①下記URLよりエントリー
 https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_7XZt3kSaTYKVrys2up3htA

②招待メールを確認
エントリーいただくと招待メールが自動送信されます。
メール本文に参加URLとパスワードを記載しておりますので、当日まで保管ください。
※モバイル端末からもご参加いただけますが、パソコン経由での参加をお勧めします。

③当日参加
招待メール記載の「ここをクリックして参加」をクリックしてご参加ください。

 
【お問い合わせ先】
アスタミューゼ株式会社 事業開発本部 担当:池田(直)/寺門
E-Mail: icp-support@astamuse.co.jp


 
  1. プレスリリース >
  2. アスタミューゼ株式会社 >
  3. 7/1(木)15:00~16:00 ウェビナー開催「有望な未来市場を開拓する 新!事業創造メソッド 『未来予測データ』×『クリエイター発想』で自社の飛躍可能性をデザインする」