カインズが2021年度ポーター賞を受賞

~お客様一人ひとりの自分らしい暮らしをサポートする独自の戦略を評価~

株式会社カインズ(本社:埼玉県本庄市、代表取締役社長 CEO:高家 正行)は、独自性のある優れた戦略を実行している日本の企業・事業を表彰する2021年度「ポーター賞」を受賞したことをお知らせいたします。

■ポーター賞とは
 ポーター賞は、製品、プロセス、経営手腕においてイノベーションを起こし、これを土台として独自性がある戦略を実行し、その結果として業界において高い収益性を達成・維持している企業を表彰するため、2001年7月に創設された賞です。名前は、ハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授に由来しており、一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻が主催しています。

 

■受賞理由
 受賞理由のコメントには、「2000年ごろからのホームセンター市場の飽和を受け、業界では、経営統合による規模の経済の追求、カテゴリー特化による経営効率改善などの対応が採られたが、カインズは買収を行わない有機的な手段で高い収益性を維持しつつ順調に成長を続ける。」とあり、お客様一人ひとりの自分らしい暮らしをサポートする、小売業やホームセンターの枠にとらわれない独自性のあるカインズの戦略を高く評価いただきました。加えて、「効率的な物流に支えられたローコストオペレーションによる日常消耗品の価格競争力、顧客視点の商品開発力による低価格だけれどデザインや使い勝手の良い商品に加え、近年では『楽カジKITCHEN』『楽カジLAUNDRY』など、品番を越えたテーマによる商品開発と店づくりによって売り場の付加価値を高めている。また、10万点以上ある商品を店舗で見つけやすくする検索サービス、店舗在庫の見える化、サービスのオンライン予約など、デジタルも駆使してリアル店舗の魅力を強化」しているというコメントをいただいております。

 カインズは今後も、従来の小売業・ホームセンターの概念を超えた新しいビジネスモデルを構築し、お客様一人ひとりの自分らしいくらしを支えてまいります。


▼ポーター賞ホームページ:https://www.porterprize.org/index.html


<カインズについて>
株式会社カインズは、28都道府県下に226店舗を展開するホームセンターチェーンです。
「くらしに、ららら。」を企業メッセージに、日常生活に寄り添うライフスタイルの提案と、住空間のトータルコーディネートを意識した商品づくり、店舗づくりに努めています。 くらしを豊かにする商品を、オリジナル商品の開発と、独自の仕入れ・物流システムの活用により、毎日低価格で提供します。

 <株式会社カインズ 概要>
代表者:代表取締役会長   土屋 裕雅
代表取締役社長 CEO  高家 正行
設立:1989年 3 月
本部所在地:埼玉県本庄市早稲田の杜1‐2‐1
資本金:32億6,000万円
事業内容:ホームセンターチェーンの経営
従業員数:13,097名(2021年 2月末)
店 舗 数:226店舗
公式サイト:http://www.cainz.co.jp/ (企業サイト)
http://www.cainz.com/ (オンラインショップ)
https://magazine.cainz.com/ (となりのカインズさん)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カインズ >
  3. カインズが2021年度ポーター賞を受賞