『ラクスル』が購入体験を大幅アップデート!「注文前の入稿」でデータ入稿忘れを防止、「お届け日指定」の拡張で納期不安を解消

 ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝、以下「当社」)が運営する印刷・集客のプラットフォーム「ラクスル」は、お客様の購入体験価値を向上すべく、注文前に印刷のデータ入稿を可能にしました。また、チラシに続き、折りパンフレットとポスターの注文時にお届け日の指定ができるようになりました。(https://raksul.com/
ラクスルは、今後も多くのお客様に便利に使っていただけるよう、印刷・集客のプラットフォームとして皆さまの声に耳を傾け、便利な機能やサービスの開発に努めてまいります。

  • 「注文前データ入稿」リリースの背景
ネット印刷は、通常ご注文頂いた後に印刷データを入稿いただきます。これは、ご入稿いただいたデータが印刷可能なデータかどうかの確認に時間がかかることが要因でした。
一方で、ラクスルでは注文後のデータの入稿忘れが月間で約10,000件ほどあり、顧客にとって体験価値が良くないことが明白でした。データ入稿漏れの削減の為に事前入稿を可能にすべく、大規模な購入導線の見直しを行いました。これにより、これまでチラシのみで対応可能であった注文前データ入稿が、今回20種類以上のほぼすべての商品で対応可能になり、注文後にデータを入稿する必要がなくなりました。
また、スピードチェック入稿に対応している一部商品では、注文前に入稿したデータを自動でチェックし、プレビューを確認することが可能になりました。注文前に仕上がり後のイメージを確認でき、これまで以上に安心してお客様にご注文いただけるようになります。

 
  • 「お届け日指定」リリースの背景
ネット印刷は、価格が安く、品質が良いというという魅力は伝わっている一方で、お届け日指定ができないため、希望日に届かないのではないか、納期に間に合うか不安という課題がありました。
※事項アンケート調査結果参照

この課題を受けて、ラクスルは昨年、チラシ印刷のお届け日の指定を可能にしました。その結果、現在チラシを注文するお客様の約5割がお届け日を指定して注文されています。こうした強いニーズを受けて、この度「折りパンフレット」と「ポスター」商材もお届け日の指定を可能にしました。
ネット印刷でのお届け日の指定は、データのチェックにかかる時間や配送日をコントロールするのが難しいという理由から難しい側面がありました。ラクスルは、納期の不安を解決し、より多くの人にネット印刷をご利用いただきたいという想いから、注文導線を大幅にリニューアルし、各社の拠点からのリードタイムを加味しながら、お届け先を判定して最短で届けるためのロジックを開発しました。これにより、今までより簡単に注文することができ、ご希望のお届け日に届けることが可能になります。
また、ラクスルでは最短当日印刷が可能なため、最短で翌日お届け日指定が可能です。急遽必要な際にも、より便利にお使いいただけます。



<参考資料(ネット印刷に関する意識調査)>
調査対象:印刷発注経験あり、かつネット印刷認知未利用者500名
調査期間:2020年2月21日~2月25日
調査方法:web上のアンケートフォームで回収
調査主体:ラクスル
 

「ネット印刷における魅力」の1位は価格が安い、2位は価格が安いのに印刷物の品質が良いという回答結果でした。また、「ネット印刷の切り替えのための条件」も1位は価格が安い、2位は印刷の品質に違いがないことで同様の結果となり、3位が納期を着日指定できるという回答になりました。
既に価格や品質が良いことは理解されている一方、切り替えのためには、納期のお届け日を指定できることが外せない条件であることがわかります。
 
  • ラクスルが短納期発送できる理由について
① 「スピードチェック入稿」
お客様が入稿データをアップロードいただくと同時に、自動でデータチェックを行います。目視のデータチェックでは、待ち時間が平均半日から1日と長くかかりますが、スピードチェック入稿では、最短1分で入稿確定が可能です。データチェックまでの時間がかからないため、入稿確定までがスムーズに行うことができ、最短で翌日到着が可能となります。

② シェアリングプラットフォームを通じた全国の提携パートナー印刷会社への委託
ラクスルは、自社工場を持たず、全国の提携した印刷会社と取引を行っております。地域に分かれた各印刷会社からの配送日数を把握することで、全国どこへの発送であっても比較的短い日数でお届けが可能です。


【ラクスル株式会社とは】
「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流、広告といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業にインターネットを持ち込み、産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指します。現在ではネット印刷・集客支援のプラットフォーム「ラクスル」、物流プラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」、コーポレートITの「ジョーシス」のサービスを提供しております。

【ラクスルが取り組む"産業DX"】
私たちは、シェアリングプラットフォームによる取引の効率化、ソフトウェア(SaaS)による業務の効率化、それらに基づく付加価値サービスの3つを統合したプラットフォームの構築により、バーティカルに各産業の課題を解決し生産性・収益性の高い業界に変革していきます。ラクスル株式会社は産業変革者として、デジタル化が進んでいない伝統的な産業に対して、統合バーティカルプラットフォームを通じてDXを推進し、世界をより良いものにしていきます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラクスル株式会社 >
  3. 『ラクスル』が購入体験を大幅アップデート!「注文前の入稿」でデータ入稿忘れを防止、「お届け日指定」の拡張で納期不安を解消