NIO と NVIDIA、新世代の自動運転電気自動車の開発で提携

NVIDIA DRIVE Orin を活用した、NIO Adam スーパーコンピューター搭載のEV モデルの生産を 2022 年に開始

2021 年 1 月 9 日、カリフォルニア州サンタクララ — 中国のプレミアム スマート電気自動車マーケットのパイオニアである NIOは、先進的な自動運転能力を実現する NVIDIA DRIVE Orin™ システム オン チップ (SoC) を、NIO の次世代電気自動車 (EV) 向けに採用すると発表しました。

NIO は、多様な性能を備えた、スマートな電気自動車 (EV) を消費者に普及させるための取り組みを行っています。毎年のイベントである NIO Day において、同社は、Adam と呼ばれる、NVIDIA DRIVE Orin を搭載したスーパーコンピューターを発表しました。このスーパーコンピューターは、2022 年より中国マーケットに出荷される予定の ET7 セダンに初めて搭載される予定です。

NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、以下のように述べています。「自律走行と電動化は、自動車業界を変容させる、大きな原動力となっています。NVIDIA は、新エネルギーを活用する自動車革命のリーダーである NIO との提携を喜ばしく思っており、AI を活用した、ソフトウェア デファインドの、未来の EV 車両を生み出すのを楽しみにしています」

NIO の創業者にして、会長/CEO であるウィリアム リー (William Li) 氏は、次のように話しています。「NIO と NVIDIA が協力することにより、スマート自動車の自律走行についての開発が加速するでしょう。NIO が自社開発した自律走行アルゴリズムが、業界をリードする 4 基の NVIDIA Orin プロセッサで実行されることで、ET7 セダンには、量産車では類を見ない1 秒間に 1,000 兆回を越える処理能力が備わるようになります」

Adam は、オートモーティブ インテリジェンスと自律走行をマーケットに安全かつ信頼性の高い方法で提供するという NIO の取り組みの大きなマイルストーンとなるものです。集約的な、ソフトウェア デファインドのコンピューティング アーキテクチャの採用により、販売後も永続的にアップグレード可能な最新の AI 機能が、ET7 セダンのような、NIO の次世代 EV に実装されるようになります。

NVIDIA Orin は、世界で最も高い性能を持つ、自律走行車(AV) および ロボティクス用のプロセッサです。このスケーラブルな、スーパーコンピューター オン チップのファミリは、1 秒間に 254 兆回という、比類なき演算能力 (TOPS) を持つだけでなく、エントリーレベルの ADAS/Level 2 ユースケース (10 TOPS/5 ワット) 向けにスケールダウンすることもできます。NIO は、同社のそれぞれの EV に4 基の高性能な Orin SoC を搭載し、1,000 TOPS 以上という業界トップの性能を活用することで、安全な自律走行に欠かせない冗長性と多様性を実現します。

NIO の EV として最初に Orin を搭載する、同社のフラッグシップである ET7 は、0-100 km/h の加速がわずか 3.9 秒というハイパフォーマンスな自動車です。この車両には、新しい 150kw のバッテリも搭載され、より長い距離の走行が可能になっています。

NVIDIAについて
1999年におけるNVIDIA (NASDAQ表示: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックス、ハイパフォーマンス コンピューティング、そして人工知能(AI)を再定義しました。NVIDIAのアクセラレーテッド コンピューティングとAIにおける先駆的な取り組みは、輸送、ヘルスケア、製造業などの数兆ドル規模の産業を再構築し、その他のさまざまな産業の拡大も加速させています。詳細は、こちらのリンクから:www.nvidia.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. NIO と NVIDIA、新世代の自動運転電気自動車の開発で提携