夜でも虹が見える!?「月虹」の動画撮影に成功

月の明るさや角度、空気中の水分量などの条件がそろわないと現れない自然現象「月虹」。

このほどキヤノンは、超高感度CMOSセンサーで、肉眼では見ることが困難な月虹の動画撮影に成功しました。
その希少性から、ハワイでは見た者に幸せが訪れるとされている月虹の姿を、ぜひご覧ください。

月虹(動画からの切り出し画像):超高感度CMOSセンサー搭載の多目的カメラ「ME20F-SH」で撮影月虹(動画からの切り出し画像):超高感度CMOSセンサー搭載の多目的カメラ「ME20F-SH」で撮影


またキヤノンは、2億5,000万画素の超多画素CMOSセンサーで、撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字をはっきりととらえた動画撮影にも成功しています(※)。これらの動画を収めた技術紹介映像「CMOSセンサーの大いなる可能性」を「 Canon Video Square 」にてこのたび公開しました。
https://api01-platform.stream.co.jp/apiservice/plt3/NjI4%23NTE2%23280%23168%230%2323E62054%23

撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字:2億5,000万画素の超多画素CMOSセンサーを搭載したカメラで撮影撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字:2億5,000万画素の超多画素CMOSセンサーを搭載したカメラで撮影

​※2015年9月7日に発表。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. キヤノン株式会社
  3. 夜でも虹が見える!?「月虹」の動画撮影に成功