明るい環境でも色鮮やかな映像で投写できる業務用レーザー光源プロジェクター 2機種発売

本体内蔵の照度センサーが周囲の明るさを検知し、画質設定を自動で調整

ソニーマーケティング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粂川滋)は、会議室、講堂などでの使用に適した業務用レーザー光源プロジェクター『VPL-FHZ85』(7,300lm※1)と『VPL-FHZ80』(6,000lm※1)の2機種を発売します。
両機は、本体内蔵の照度センサーが周囲の明るさを検知し、画質設定を自動で調整する「アンビアンス機能」を新搭載しています。色鮮やかさを保ったまま映像を明るく見せることが可能な「ブライトビュー機能」と連動して、照明が明るい室内や日中の外光が入る環境でも、色再現性に優れたメリハリのある映像を投写できます。
また、ソニー独自の超解像処理技術「リアリティクリエーション」を改良し、細い文字や線などを強調する「リアリティテキスト機能」を追加しています。写真や映像の鮮鋭感や美しさを再現するだけではなく、文字や図表もより鮮明に投写します。
ニュースリリースはこちら https://www.sony.jp/professional/News/newsrelease/20211020/
 

3LCDレーザー光源プロジェクター『VPL-FHZ85』 『VPL-FHZ80』3LCDレーザー光源プロジェクター『VPL-FHZ85』 『VPL-FHZ80』

 

天吊り設置での使用イメージ天吊り設置での使用イメージ



■商品概要
・商品名:3LCDレーザー光源プロジェクター
・型番:『VPL-FHZ85』
・明るさ:7,300lm (センター8,000lm※2)
・解像度:WUXGA:1,920×1,200ドット
・カラー:ホワイト/ブラック※3
・発売日:2022年1月18日
・価格:オープン価格

・商品名:3LCDレーザー光源プロジェクター
・型番:『VPL-FHZ80』
・明るさ:6,000lm (センター6,500lm※2)
・解像度:WUXGA:1,920×1,200ドット
・カラー:ホワイト/ブラック※3
・発売日:2022年1月18日
・価格:オープン価格

※1:従来機種『VPL-FHZ75』(6,500lm)と『VPL-FHZ70』(5,500lm)からそれぞれ向上
※2:投写画面の中央部分の光出力値
※3:ブラックは受注生産品です。型名はそれぞれ、『VPL-FHZ85/B』『VPL-FHZ80/B』となります。

『VPL-FHZ85』『VPL-FHZ80』は、使用環境に最適化した映像投写を可能にする「インテリジェントセッティング機能」も向上しています。同機能がプロジェクターの使用頻度を常に把握し、実使用時間に応じてレーザー光源出力の制御と冷却システムを自動調整することで、長期にわたり明るさを維持しながら安定した運用が可能です。
また、新たに4K 60P入力にも対応し、ソニー独自の信号処理技術により画像劣化の少ないフルハイビジョン信号に変換して投写できます。4Kコンテンツを分配して他の4Kフラットパネルディスプレイと併用することができ、幅広いコンテンツの投写と運用が可能です。
両機の発売により、教室や講堂、会議室、美術館などの展示施設での使用に適した業務用レーザー光源プロジェクターのラインアップは計10機種となり、5,000lm~13,000lmの間で8つの輝度値から選べるなど、豊富な商品と性能で、設置環境や用途に合わせた機種選択が可能です。

新発売の2機種を加えた業務用レーザー光源プロジェクターの商品構成新発売の2機種を加えた業務用レーザー光源プロジェクターの商品構成



■『VPL-FHZ85』『VPL-FHZ80』の主な特長
1.      明るい環境下でも鮮やかな色再現性を保つ「アンビアンス機能」と「ブライトビュー機能」

学校の教室や企業の会議室でも、明るい環境でプロジェクターが使用されるケースが増えています。両機は、本体内蔵の照度センサーが周囲の明るさを検知し、画質設定を自動で調整する「アンビアンス機能」を新搭載しています。入力映像信号をピクセル単位で検出し、各信号レベルに応じてダイナミックに最適な信号処理を行う「ブライトビュー機能」と連動し、色再現性を保持しながらコントラスト感を強化します。明るい環境下でもメリハリのある映像を投写でき、プレゼンテーションの効果を高めます。



2.      ソニー独自の超解像処理技術「リアリティクリエーション」に、細い文字や線などを強調させる「リアリティテキスト機能」を追加

入力された映像をリアルタイムで解析し、数千パターンに分類した上で、データベース上に存在する最適な画像(絵柄)と照合します。オリジナルの映像信号がもっていた質感やディテール感、さらに、映像データの編集や伝送で失われてしまった情報までも復元することで、写真や映像の鮮鋭感や美しさを再現します。両機は、細い文字や線などを強調させるモード「リアリティテキスト機能」を追加し、文字資料や表計算資料もはっきり投写することができます。

3.      柔軟な設置性

両機ともに、上下方向にスクリーン全高の70%~-5%、左右方向でスクリーン全幅の±32%のレンズシフトが可能です。レンズの可動域が大きいことで、投写位置や投写距離の選択肢が広がります。プロジェクターを高い位置に設置して、低い位置へ投写することで、プレゼンターが投写光から受ける影響を減らすなど、より柔軟で効果的な設置が可能です。さまざまなスクリーンサイズ・投写距離に対応できるように6種類のレンズ(別売)も用意しています。

また、プロジェクター設置時の設定情報を、別のプロジェクターにコピーして活用できる「データクローニング機能」を新搭載しており、複数のプロジェクターを設置する際、設定作業の手間を軽減できます。
『VPL-FHZ85』の本体サイズは、従来機比で奥行を約20mm小型化、本体重量を約3kg軽量化し、7,000lm以上のレンズ交換式3LCD レーザー光源プロジェクターにおいて、最少・最軽量※4を実現しています。

※4: 従来機種『VPL-FHZ75』との比較 2021年10月20日広報発表時点(ソニー調べ)

4.      使用環境に適した設定と長時間の明るさ維持も実現するインテリジェントセッティング機能
プリセットされた4つの「設置場所」モードを切り替えることにより、画質や光源出力レベル、冷却システムを自動的に調整し、使用環境に適した映像の投写が可能です。新たに搭載した本体内蔵の照度センサーおよび「アンビアンス機能」と連動することで、より精度の高い調整を実現します。明るい環境下での文字の視認性を重視した基本設定の「会議室/教室モード」や、より静穏性を重視した「美術館モード」、コントラストを高めたインパクトある画質を再現する「娯楽施設モード」、複数台での投写時において色合わせを最適化した「マルチスクリーンモード」など、さまざまなシーンに適した設定を簡単に行うことができます。「会議室/教室モード」では、プロジェクターの使用頻度を常に把握し、使用状況に応じてレーザー出力を制御することで、長期にわたり明るさを維持しながら安定した運用を実現します。

5.      4K 60P入力に対応し、幅広いコンテンツの投写が可能
プロジェクター内部の最新の信号処理技術とソニー独自の「リアリティクリエーション」により、入力された4K 60Pの信号を画像劣化の少ないフルハイビジョン信号に変換して、元の4K映像に近い質感やディテール感で投写できます。また、4Kコンテンツを分配して他の4Kフラットパネルディスプレイと併用することができます。

6.      環境に配慮したレーザー光源プロジェクター
3LCD方式を採用したソニーのレーザー光源プロジェクターは、光源の寿命が約20,000時間※5と長く、光源の定期交換が不要です。そのため使用済みランプの廃棄物を削減します※6。
また、ソニー独自のレーザー光源ユニット「Z-Phosphor™」により、数秒での起動と瞬時のシャットダウンが可能で、電源ON/OFFにかかる時間を短縮します。電源がONでプロジェクターが使用されていない時に光源出力を絞る「ライト減光モード」や、入力画像に合わせて光源出力を調整する「オートモード」を搭載するなど、消費電力の節減に取り組んでいます。

※5 明るさが半減するまでのおおよその時間を示しています。実際の時間は使用する状況や環境により異なる場合があります。フィルターについては、塵埃濃度0.03 mg/m³の環境下で使用した場合を想定しています。
※6 従来型のランプを採用せずに水銀フリーを実現したことで、ランプの不適切な廃棄により環境を汚染するリスクを解消しました。

◆市場推定価格(消費税を含みません)
・『VPL-FHZ85』 100万円前後
・『VPL-FHZ80』 90万円前後

※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

◆お客さまからのお問合せ先
ソニーマーケティング(株) 業務用商品購入相談窓口
TEL   0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、当社休業日は除く)

データプロジェクターURL https://www.sony.jp/vpl/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーマーケティング株式会社 >
  3. 明るい環境でも色鮮やかな映像で投写できる業務用レーザー光源プロジェクター 2機種発売