キャメルファームワイナリーより新ヴィンテージ発売・ロゼ スパークリングワインが初登場

北海道・余市、海からの風がミネラルを運ぶ、なだらかな丘陵に広がるキャメルファームワイナリーでは、心を込めて育て、丁寧に手摘みで収穫、選果したブドウで造った、2019年ヴィンテージのワインをリリースする運びとなりました。2020年9月4日より、第一弾として、ワイナリー初のロゼ スパークリングワインと、昨年ご好評いただいたケルナーの新ヴィンテージを発売いたします。

 


2019年は、春から夏の晴天に恵まれ、前年より2週間早く開花を迎え、陽差しをたっぷり浴びたブドウは理想的な成熟を経て、前倒しで収穫がはじまりました。徹底した栽培管理のもと収穫時期を見極め、人の手による丁寧な選果を行った収穫したてのブドウをワイナリーへ運び、新作ワインが誕生しました。2019年ヴィンテージは、フレッシュで香り高く、果実味が引き立つ、ブドウ品種の個性、テロワールの特長を存分に味わえる仕上がりとなりました。

冷涼な気候と最新技術の融合により生まれた「ウニタ ブリュット ロゼ 2019」は、果実味が引き立つ、香り豊かなワイナリー初のロゼ スパークリングワインです。美しく輝くピンクロゼ色の繊細な泡立ち、フレッシュなストロベリー、フランボワーズ、野イチゴ、バラの花が香り、口にふくむと赤系果実のニュアンスとともにピーチ、アプリコットのような味わいが感じられます。さわやかな酸味と心地よい後味が残る辛口のスパークリングワインです。サーモンやタコのマリネ、生春巻き、トマト系料理など幅広いジャンルの料理に合わせて、華やかなロゼカラーがテーブルを彩ります。

キャメルファームワイナリーの代表的な品種 ”ケルナー” 100%の新ヴィンテージ 「ケルナー 2019」は、グリーンがかったペールイエローに輝き、フレッシュでクリア、豊かな果実味を予感させます。2019年ヴィンテージの特徴を生かし、ケルナーのポテンシャルを最大限に引き出した、フレッシュさとボディを兼ね備えた辛口の白ワインです。グレープフルーツなどの柑橘系果実と、花梨や白桃のような豊かな香りに、白い花やハーブのような心地よい華やかさも感じられます。2年目となるこのワインは、ケルナーらしい厚みのある果実味、冷涼な余市ならではの滑らかな酸とミネラル感、ふくよかで余韻も楽しめる調和のとれた1本になりました。ボンゴレビアンコ、シーフード全般、鶏肉料理と好相性です。

 


 商品概要

ウニタ ブリュット ロゼ 2019ウニタ ブリュット ロゼ 2019

商品名: ウニタ ブリュット ロゼ 2019

醸造家コメント
ブドウを厳密に選果し圧搾し、果汁の段階でブレンドしていく過程でレンベルガーを適度に加え、美しいロゼ色に。その後シャルマタンクにて厳選された酵母を使用して約6ヶ月間醗酵。シャルマ製法ならではのフレッシュで果実味の引き立つ、香り豊かなスパークリングワインに仕上げました。

・ブドウ品種: レジェント、レンベルガー、バッカス、ツヴァイゲルト、ピノ・ノワール、ケルナー ・収穫年: 2019年 ・タイプ: ロゼ ・内容量: 750ml ・3,000円(本体価格) ・発売日: 2020年9月4日予定
 

 

ケルナー 2019ケルナー 2019


商品名: ケルナー 2019

醸造家コメント
2019年は天候に恵まれ、フレッシュさとボディを兼ね備えています。香りを引き立たせるために厳密な温度コントロールをし、定期的にオリとバトナージュを行うことでケルナーの可能性を最大限に引き出したワインです。

・ブドウ品種: ケルナー ・収穫年: 2019年 ・タイプ: 白 ・内容量: 750ml ・3,500円(本体価格) ・発売日: 2020年9月4日予定

 

ウニタ (UNITA)” は繋がる、団結、結束を意味するイタリア語です。
人が繋がり、想いが繋がる ワイナリー キャメルファームワイナリーのワインのエチケット、ミュズレには 「繋」tsunagu のエンブレムが配されています。
「ワインは自然からの贈りもの」 大地の恵み、自然への畏敬の念を込めて。エチケットのデザインは「花鳥風月」をテーマに、日本ならではの 自然界の美しい花と木と鳥、風や月が描かれています。


カルディコーヒーファーム、カルディコーヒーファームオンラインストア 及び 百貨店、専門店、業務酒販店にて販売予定。販売店により価格、商品の取り扱い状況が異なります。

第二弾は11月に、瓶内二次発酵のヴィンテージスパークリングワイン、厳選したブドウのみを用い樽熟成したワイン(赤/白)、スパークリングワインの2019年ヴィンテージと「ピノ・ノワール プライベートリザーブ 2018」の発売を予定しています。

北海道特有の自然の恵みを世界へ
小樽市から海岸沿いを北へ向かった北緯43度、眼下に日本海を望み、三方を山に囲まれた余市町登地区は、ワイン用ブドウ栽培の適地として注目されています。キャメルファームワイナリーは、溢れる自然の恵みと、先人たちの知見を尊重し、夢を受け継ぎスタートしました。この取り組みが、地域の活性化につながることを願い、ブドウの木が雪の下で冬を越す冷涼な北の大地から、日本ならではのワインを世界へ届けることを目指しています。この地において 40年にわたり積み重ねられてきたブドウ栽培のノウハウと、イタリアのワイン醸造の歴史、最新技術を融合し、テロワールを最大限に生かしたワイン造りにチャレンジしています。この度、フランス、イタリアのワイナリーにて経験豊富なアンジェロ・トターロを醸造チームに迎え、さらなる進化を続けてまいります。

 

アンジェロ・トターロ Angelo Totaro

キャメルファームワイナリー醸造長

イタリア プーリア州出身
20年以上、イタリア、フランスのワイナリーにて醸造家、コンサルタントとしてワイン造りに携る。シャンパーニュ地方、エミリアロマーニャ州を中心に醸造に従事、サンパトリニャーノでは、リカルド・コタレッラ氏のもと、12年間醸造長を経験。自然を愛し、日本の自然、文化に関心が高く、余市のテロワールの可能性、世界を目指したワイン造りに取り組むキャメルファームワイナリーの理念に魅力を感じ来日。日本は美しい国、余市は豊かな自然のあふれる素敵な町と実感している。初めて訪れた時の心あたたまる歓迎に感銘を受け、家族のようなワイナリーの仲間たちとの関係がワイン造りの励みになっている。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルディコーヒーファーム >
  3. キャメルファームワイナリーより新ヴィンテージ発売・ロゼ スパークリングワインが初登場