NTT東日本 技術系(SE等)インターンシップ 第2期(2022年11~12月)冬季インターンシップ開催が決定!

~大学生のインターン平均参加社数を大幅に上回る学生たちがNTT東を選ぶのは!?~ 優秀なIT人材の確保を目指す ギブアンドテイク型のインターンシップ

第1期(2022年8~12月)のエントリー締切は7月1日まで
第2期(2022年11~12月)冬季インターンシップ開催が決定!
■NTT東日本 技術系インターンシップ 第2期の開催が決定
学生からの高い満足度や参加を希望する学生の声をうけ、第2期インターンシップを実施することを決定、SE、ネットワークプランニングに関するインターンシップを11月28日(月)より順次開催いたします。
なお、第1期のエントリーは7月1日までHP(https://www.ntt-east.co.jp/recruit/internship/tech/)にて受け付けております。

 【第1期 システムエンジニア 仕事体験コース】
プログラム概要:
NTT東日本の「法人事業」における「システムエンジニア」の業務の醍醐味を体感していただきます。
グループワークを通じて、NTT東日本が提供するソリューションはどのように作られるのかを、要件定義
から、最終コンペまでを経験していただき、現役社員によるフィードバックを行います。
また、グループワークではお客様ヒアリングとの折衝の疑似体験、第一線で活躍する社員との対話会を
通じてNTT東日本の事業内容を深く知っていただけるコンテンツもご用意しています。
実施期間: 2022年8月22日(月)~8月26日(金)
実施会場: オンライン
エントリー締切: 2022年7月1日(金)予定
定員: 50名

【第2期 SE、ネットワークプランニングに関するインターンシップ】
応募期間:2022年9月28日(水)~10月21日(金)12時
実施期間:<SE>11月28日(月)~12月2日(水)
       <ネットワークプランニング>12月5日(月)~12月9日(金)


■学生&企業の双方にメリット ギブアンドテイク型のインターンシップ
NTT東日本は、システムエンジニア(SE)・ネットワークプランニング等の実業務を経験できる職種別インターンシップを実施しています。近年、日本全体でIT人材不足の課題が浮き彫りとなり、また、従来の雇用慣行を見直す動きとともにジョブ型雇用など新たな雇用・働き方に関心が高まる中、当社は独自の職種別インターンシップを実施することで、優秀でミスマッチの無いIT人材の確保に取り組んでいます。

技術系インターンシップについて、従来は、グループワークやハッカソンの方式が中心で、企業側のメリットを優先し、リアリティがないプログラムが通例でした。当社は、SEの魅力を伝え、当社にマッチングする学生の採用に繋げるため、昨年プログラムを大幅にブラッシュアップし、ギブアンドテイク型のインターンシップを開発、学生が短期間でプログラムに没頭し能力向上を図る事ができ、さらに当社の魅力を深く知る事ができるプログラムを構築しました。

▼システムエンジニアインターンシップの様子

<ギブアンドテイク型のインターンシップのポイント>
1.    多種多様な業務をなるべくリアルにできるだけ多く経験させてあげる事
2.    大企業は多くの事業を担っているため、明確なキャリアパスをイメージできるように、会社内でのセカンドキャリア、サードキャリアも体験できるプログラムにする事
3.    社内の優秀な社員と交流させ、学生の就職活動のサポートをすること

■インターンシッププログラム開発の経緯とプログラム内容
『現在のインターンシッププログラムは、優秀な学生を捕まえるために会社側が企画しているものであるというイメージが強いかと思います。しかし、売り手市場が進む中、本当の会社の魅力を伝えていくためには、会社の業務をリアルに伝え、その中で学生の成長を促すプログラムに設計し、会社の魅力を伝えていく必要があると思いました。
学生も人生がかかっているので、一方的に会社の利益を優先したプログラムでは愛想を尽かされてしまうと思い、ギブアンドテイク型のインターンシップを開発しました。
まず、我々はインターンシッププログラムを単発プログラムで終わらせるのではなく、複数回に分け、さまざまな事業の魅力を語る事を検討しました。
優秀な学生は、中長期的に自分のキャリアパスをどのように描けるかを真剣に考えています。当社で終身雇用をするか、転職するかはわからないですが、少なからず、NTT東日本で自分のやりたい事が長期的にできるビジョンが描けないと会社に入る決断はできないでしょう。そのため、手間はかかりますが、学生に誠意を見せる事を第一に掲げ、プログラムを構築しました。
また、インターンシッププログラムの内容は本業務になるべく似せて作り上げる事を目標にしました。SEなら、誰しもプロポーザルを経験します。お客様のRFPを実現する仕様を作り上げ、それを提案し、採択してもらうという経験です。SEの中でも最も大変な業務かもしれませんが大きなやりがいを感じる業務だと思いますので、ここをなるべくリアルに経験して欲しいと考えました。
今回のプログラムでは、仮想の市役所の新規中学校のネットワーク設計をテーマにし、システムエンジニアが本業務で読み解くような仕様書と構成図を準備し、実際のエンジニアが業務で実施している内容を擬似体験してもらいました。たまたまですが、採用担当の中にSE経験者が2人おり、多数のプロポーザルを経験していたことから、リアルなプログラムを自分達の手で作り上げることができました。
 さらに、当社ではシステムエンジニアだけをやるわけではなく、その先のキャリアアップとして、サービス開発や、協業ビジネス、研究開発など、システムエンジニアの経験を経た上で実現できるキャリアというものがあります。それを伝えるために、SEのインターンシップに参加してくれた学生に、フォローアップイベントとして、「事業コンサルティング」「経営戦略」のプログラムを追加で提供しました。』

NTT東日本 総務人事部 人事第二部門 採用担当 伊藤 信吾


2015年NTT東日本に入社。SEとして首都圏内の自治体様向けのネットワークシステム・セキュリティシステムの設計・構築案件を経験。2021年より、総務人事部にて採用人事系の仕事に従事。新卒採用業務に従事し、インターンシップの企画運営を実施。



▼システムエンジニアインターンシップの様子


■インターンシッププログラム参加学生の声
2021年8月に実施したギブアンドテイク型のインターンシッププログラム参加学生の99%は、「大変満足」とアンケートで回答、さらに参加学生の87%がNTT東日本を第一志望及び第一志望群だと回答しました。

<システムエンジニアインターンシップのアンケート(一部)>
・NTT東日本のSE業務を明確にイメージすることができた。これまで参加した他のインターンシップと比較して、ここまで業務体験ができたインターンシップは初めてだった。
・NTT東日本のSE業務やお客様へ最適な提案をするためのマインドについて学ぶことができた。今回のインターン
シップを通し、NTT東日本のSE業務のやりがいや社会へ与える影響力の大きさを改めて実感し、志望度がより高まった。
・NTT東日本のインターンシップの内容は本当に難易度が高かったが、難易度の高いワークに取り組むことで自分の未熟な点が発見できた。今回のインターンシップで発見できた自分の弱点を見つめ直し、今後の自己成長につなげたい。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東日本電信電話株式会社 >
  3. NTT東日本 技術系(SE等)インターンシップ 第2期(2022年11~12月)冬季インターンシップ開催が決定!