タグ・ホイヤーがJリーグとトップパートナー契約を締結

オフィシャル契約締結記者発表会を開催。特別ゲストとして北澤豪氏、大久保嘉人氏、李忠成氏が登場

タグ・ホイヤー(TAG HEUER, Branch of LVMH Swiss Manufactures SA, Switzerland、代表:Jean-Claude Biver President and CEO)は、このたび公益社団法人日本プロサッカーリーグ(東京都文京区、チェアマン:村井満、略称:Jリーグ)とJリーグトップパートナーとして、オフィシャルタイムキーパーの契約を締結しました。
2016年10月25日(火)、このパートナーシップに関する記者発表会をLVMHウォッチ・ジュエリージャパン株式会社にて行い、Jリーグチェアマンの村井満氏、特別ゲストとしてJリーグOBで日本サッカー協会理事・北澤豪氏、Jリーグ川崎フロンターレ所属の大久保嘉人氏、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズ所属李忠成氏が登場しました。

1860年創業のアヴァンギャルドなスイスの高級時計メーカータグ・ホイヤーは、“ Don’t Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)“をテーマに、自分に挑戦を続ける人々をサポートしています。
スポーツの中でも特にサッカー競技をサポートしており、ドイツのブンデスリーガ、イングランドのプレミアリーグ、アメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)とコパ・アメリカ2016等においてオフィシャルタイムキーパーを務めており、このたび日本のJリーグで初のオフィシャルタイムキーパーとなりました。
 ピッチでは、選手交代やロスタイム表示の際、審判の持つレフェリーボードがタグ・ホイヤーの時計のデザインとなります。また試合の放送時には、スコアなどの情報部分にタグ・ホイヤーのロゴが表示されます。

タグ・ホイヤーの時計「アクアレーサー」を身に着けた3名のゲストは、時間の使い方や忘れられない時など、「時」をテーマにしたトークセッションを展開。



















続いて行われたキックターゲット・ゲーム(ボードに空いた3つの穴にボールを蹴る)では、李選手が優勝し、賞品として「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01」の新作を贈呈されました。
 


タグ・ホイヤーについて - 1860 年創業のスイスのアバンギャルドな時計ブランド。以来、慣習にとらわれない時計を作るために、タグ・ホイヤーはたえず限界を押し広げています。その技術的ノウハウは、とりわけ比類ないクロノグラフの製造において、当初からきわめて精度の高い計時性能の実現に役立てられてきました。タグ・ホイヤー CEO 兼 LVMH グループ時計部門社長ジャンクロード・ビバーのリーダーシップの下、開発期間と納期が短縮され環境も変化したことで、新作モデルには新しいダイナミズムが宿っています。現在タグ・ホイヤーは、アート、ライフスタイル、スポーツ、伝統という 4 つの世界に訴えることができる、世界でも数少ない時計ブランドの一つとなっています。タグ・ホイヤーのアンバサダーに名を連ねているのは、F1 レッドブル レーシング チーム、サッカーの生きる伝説クリスティアーノ・ロナウド、イットガールのカーラ・デルヴィーニュ、エレクトリックダンスミュージックのカリスマ、デヴィッド・ゲッタ、マーティン・ギャリックス、アメリカンフットボールのスター、トム・ブレイディ、オーストラリアの俳優クリス・ヘムズワースなどです。いずれも、チャレンジ精神、大きな志、チームスピリットという価値観をタグ・ホイヤーと共有しています。タグ・ホイヤーも、こうした価値観を背景に、常に時計産業の伝統の先へと突き進もうとしています。タグ・ホイヤーのスローガン #DontCrackUnderPressure(プレッシャーに負けるな)は単なるアファメーションではなく、ひとつの心のあり方なのです。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社 >
  3. タグ・ホイヤーがJリーグとトップパートナー契約を締結