「MetaMoJi ClassRoom」にてモリサワのUDデジタル教科書体が採用

株式会社モリサワは、株式会社MetaMoJi が提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」にUDデジタル教科書体が採用・搭載されることを発表します。

「MetaMoJi ClassRoom」は、iPad、Chromebook、Windowsに対応し、かつ複数のOSが混在していても同時に利用可能な授業支援ソフトです。紙にペンで書くのと同じような感覚で自由自在に手書きができるため、従来の学習と違和感なくICT教育で活用することができます。
文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」では、1人1台の端末と校内LANの環境整備、加えてこれを活用して「教師・児童生徒の力を最大限に引き出す」ことが求められています(文部科学省「GIGAスクール構想の実現について」)。つまり、ICT環境を整備するだけでなく、より学びやすい環境を整えていくことが必要となります。
今回、「MetaMoJi ClassRoom」に採用・搭載されたUDデジタル教科書体は、文部科学省が定めた学習指導要領にある「代表的な字形」に準拠したフォントで、2020年度版小学校教科書改訂でも多数採用をいただいています。手の動きを重視しながらも、一般的な教科書体より線の強弱を抑え、ロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)にも配慮したデザインで、より多くの人が読みやすくなるように工夫されています。

モリサワは、「文字を通じて社会に貢献する」を経営理念に、今後もICT教育に貢献してまいります。

・UDデジタル教科書体はこちら
https://www.morisawa.co.jp/topic/upg201802/
・組込みフォントについてはこちら
https://www.morisawa.co.jp/products/fonts/embedding/
・公共団体向けUDフォントプランはこちら
https://www.morisawa.co.jp/products/fonts/ud-public/


●本件に関するお問合せは

株式会社モリサワ 東京本社 フォントソリューション課
E-mail : fontsolution@morisawa.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. モリサワ >
  3. 「MetaMoJi ClassRoom」にてモリサワのUDデジタル教科書体が採用