次期型「GT-R」のデザインに学生が挑む!HAL×日産自動車 GT-Rデザインプロジェクト始動

専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)は日産自動車株式会社とカーデザイン学科との産学連携として、「次期型GT-Rデザインプロジェクト」を行います。100年に一度と言われるモビリティ環境の変革期の中で、「GT-Rは次世代ユーザーに何を伝えられるか?」というテーマのもと、学生たちはコンセプトやレンダリングなどを全体デザイン案としてまとめ、1人1枚のプレゼンテーションパネルを制作します。

7月に行われる最終プレゼンテーションでは、日産の第一線で活躍するデザイナーにより審査が行われます。

日本車の歴史を変えたスーパーカー「GT-R」が、学生たちの若い感性でどのように表現されるのか、プロでも難しいこの挑戦の結末に期待が高まります。

 

 

■専門学校 HAL
専門学校HALは、東京・大阪・名古屋のターミナル駅前に校舎を構え、ゲーム、CG、ミュージック、IT、カーデザイン、ロボットまで、IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成している専門学校。専門教育の理想とされる「産学連携」を追究し、第一線のプロによる直接指導、企業からの依頼で学生が取り組むケーススタディ、プロも認めたソフト・ハードを導入。希望者就職率100%を実現しています。
https://www.hal.ac.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. 次期型「GT-R」のデザインに学生が挑む!HAL×日産自動車 GT-Rデザインプロジェクト始動