今年も「西千葉子ども起業塾」を開催します!

~今年度の新たな取組みとして租税プログラムを導入します~

国立大学法人千葉大学は、千葉市との連携事業として子どもに「起業」を体験させる「西千葉子ども起業塾」を2010年から実施しています。今年度は租税プログラムを導入した新たな取り組みを行います。開催にあたり、参加者たちが一同に集まり「開塾式」を行いますのでお知らせします。
(下記千葉市報道資料より引用)
千葉市では、次世代の産業を担う子どもの起業家精神(アントレプレナーシップ)を育む機会を創出するため、「ちばっ子商人(あきんど)育成スクール」として様々な取組みを実施しています。この取組みの一環として、市と千葉大学が共同で「西千葉子ども起業塾」を実施しており、今年度もJFEスチール株式会社の御協力により、「起業をしてJFEスチール特別工場見学会を企画・運営しよう!」のミッションのもと、参加の小中学生が定期的に集まりながら、主体的に起業に取組む講座を開催します。
 
  • 西千葉子ども起業塾の概要 

(1)内 容
 子ども達が起業体験を通じて、様々な課題を発見し、その課題を解決していく中で、千葉大学経済人倶楽部「絆」などの社会人ボランティアからアドバイスを受けながら、働くことや経済の仕組み、地域社会との関わりを学習する。子ども達は事業計画の作成や、模擬通貨による出資や融資を受けて起業し、会社の清算までを行う。
 また、今年度の新たな取組みとして、千葉東税務署の協力を得て「租税プログラム※」を導入し、活動を通じて税の仕組み等の租税に関する学習も行う。
※租税プログラムでは、会社設立の際の手続きをはじめ、子どもたちが運営する会社の法人税の申告、給与にかかる所得税や、消費税の計算、納税の体験をする。また、納めた税金の使いみちについても学習する。

(2)開催日程 (全6回・全て土曜日)
 平成29年6月3日、6月24日、7月22日、9月2日、9月9日、9月30日
 開催時間:各日9:00~17:00

(3)参加者数 
  小中学生35人(H28:56人 H27:22人)※募集終了
 (内訳)小学4年生15人、小学5年生7人、小学6年生3人、中学1年生6人、中学2年生4人

(4)参加費  無料

(5)主 催  千葉市、千葉大学(教育学部藤川研究室)

(6)協 力  JFEスチール株式会社、千葉大学経済人倶楽部「絆」、千葉東税務署

昨年度の活動の様子①昨年度の活動の様子①

昨年度の活動の様子②昨年度の活動の様子②



 
  •  西千葉子ども起業塾 開塾式
(1)日 時  平成29年6月3日(土)10:00~10:30

(2)場 所  千葉大学 千葉大学教育学部棟2号館2階 2207教室(稲毛区弥生町1-33)
 キャンパスマップ http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/index.html

(3)主な出席者
 千葉市長  熊谷俊人氏
 千葉大学学長  徳久剛史氏
 JFEスチール株式会社東日本製鉄所 副所長 岩山眞士氏
 旭ダイヤモンド工業株式会社(千葉大学経済人倶楽部「絆」会長) 川嶋一夫氏

(4)次 第
 ア 塾長開塾宣言
 イ 主催者挨拶(千葉市・千葉大学)
 ウ 来賓挨拶
 エ 名刺交換(塾生と千葉市長、千葉大学学長、JFEスチール株式会社東日本製鉄所副所長による)

 

  • ちばっ子商人(あきんど)育成スクールとは

千葉市では、次世代を担う子ども達への起業家精神(アントレプレナーシップ)の喚起・涵養が大事であると考え、平成22年度から、様々な企業などと連携をしてものづくりの楽しさ等に触れる機会の創出に取り組んでいます。
昨年度よりこの取組みを「ちばっ子商人育成スクール」と名づけ、キッズ・アントレプレナーシップの一層の推進を目指していきます。
※これまでの取組みは、千葉市ホームページ参照
http://www.city.chiba.jp/keizainosei/keizai/kikaku/kidsentrepreneurship.html
 
  • 本件に関するお問合せ
千葉市経済農政局経済部経済企画課
電話 043-245-5272

千葉大学教育学部授業実践開発研究室
電話 043-290-2564 
西千葉子ども起業塾公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/nc_kigyojuku/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 今年も「西千葉子ども起業塾」を開催します!