【朝日小学生新聞の新刊】『竜が呼んだ娘 魔女の産屋』

人気児童作家によるシリーズ新刊。朝日小学生新聞の人気連載作品。

朝日学生新聞社出版部( http://www.asagaku.jp )は、『竜が呼んだ娘 魔女の産屋』を発行しました(発売=朝日新聞出版)。

ウスズと星の音の赤子がさらわれた!
王宮の若い魔女を追い、ミアは竜に乗る――


 三日三晩かかったお産が無事に終わり、竜騎士・ウスズと魔女・星の音の間に、男の子と女の子の双子が生まれました。皆がほっとしたのもつかの間、お産の手伝いをしていた若い魔女が、女の子の赤ん坊を奪い、逃げ去ってしまいます。魔女が逃げこんだのは、彼女のふるさとであり、王宮で使われる絹のほとんどを生産している「繭の里」。
ウスズの屋敷で部屋子として暮らす11歳の少女・ミアは、魔女を追いかけ繭の里へと向かうのですが……。

 日のある空を竜が飛び、月のある空を魔女が飛ぶ世界を舞台に描かれた、ファンタジー小説第3弾。児童文学界を代表する作家である柏葉幸子さんと、有名作品を次々と手がけている挿絵画家・佐竹美保さんコンビによって紡ぎ出される、壮大な世界観をお楽しみください。


□インターネット書店やお近くの書店、朝日新聞販売所(ASA)でお求めください。
 お問い合わせは、朝日学生新聞社出版部(電話番号03・3545・5436、平日午前10時~午後6時)。
 

〈作者紹介〉
作・柏葉幸子(かしわば・さちこ)

1953年、岩手県生まれ。『霧のむこうのふしぎな町』(講談社)で講談社児童文学新人賞など受賞。『つづきの図書館』(講談社)で小学館児童出版文化賞受賞。『岬のマヨイガ』(講談社)で野間児童文芸賞。最新の本に『あんみんガッパのパジャマやさん』(小学館)などがある。

絵・佐竹美保(さたけ・みほ)
1957年、富山県生まれ。おもなさし絵作品は『魔女の宅急便』(3 ~ 6 巻、福音館書店)、「旅人」シリーズ(偕成社)など。ほかに「ブンダバー」シリーズ(ポプラ社)、『夜の学校』(文研出版)、『仮名手本忠臣蔵』(偕成社)、『王様に恋した魔女』(講談社)などがある。

〈商品情報〉
 『竜が呼んだ娘 魔女の産屋』

2020年11月20日発売
柏葉幸子・作 佐竹美保・絵

ISBN : 978-4021911064
本体価格1,600円+税

□関連情報
竜が呼んだ娘(本体価格1,200円+税)ISBN : 978-4904826935
竜が呼んだ娘 やみ倉の竜(本体価格1,200円+税)ISBN : 978-4909064196








 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日学生新聞社 >
  3. 【朝日小学生新聞の新刊】『竜が呼んだ娘 魔女の産屋』