小画集付き限定版も!「この愛は、異端。-ベリアル文書-」3月27日発売

シリーズ累計100万部突破の最新作が待望のコミックス化

「この愛は、異端。-ベリアル文書-」(森山絵凪)が3月27日に発売されました。同日発売の『ヤングアニマル』7号に掲載された『ハレム』未収録の9pもエピローグとして収録しています。
小画集「四季繚乱」付き限定版も同日発売です。描き下ろしに加え、本編やベリアル文書、その他特典などに使用した美麗なカラーイラストを多数収録。著者自ら構築した異端の世界観をお届けします。
■「この愛は、異端。-ベリアル文書-」
シリーズ累計100万部突破の異種族愛執譚、最新作。
「一つの対価を払えば一つの願いを叶える」悪魔ベリアルとの契約。
本編で描かれなかった淑乃18歳の頃――親代わりから男女へと変化していく時期の記録。
電子雑誌『ハレム』にて配信中。
作品紹介・試し読み:https://ya-harem.com/sakuhin/?id=21

<コミックス情報>
YOUNG ANIMAL COMICS
森山絵凪

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

通常版 3月27日発売
本体650円+税
B6判

小画集「四季繚乱」付き限定版 3月27日発売
本体1260円+税
B6判

・小画集「四季繚乱」

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

異端シリーズ初の小画集付き限定版。本編やベリアル文書、その他特典などに使用した美麗なカラーイラストにとどまらず、画集オリジナルの描き下ろしまで多数収録。著者自ら構築した異端の世界観をお届けする、美しく官能的な限定版。

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社




■「この愛は、異端。」
両親に先立たれ、親戚をたらいまわしにされていた天涯孤独の少女・淑乃。絶望的な状況から自殺をすることを考えた彼女だったが、古本屋で見つけた1冊の本から悪魔・べリアルを呼び出し契約してしまう。契約内容は一つ対価を支払えば、一つ願い事を叶えてもらえるが、淑乃が死ぬまで悪魔と共に過ごすという物であった。生きるため悪魔との契約を結んでしまった少女の愛無き関係の行きつく先は…!?
作品紹介・試し読み:https://www.younganimal.com/title/konoaihaitan/

<コミックス情報>
YOUNG ANIMAL COMICS
森山絵凪

©森山絵凪/白泉社©森山絵凪/白泉社

①~③巻発売中。
B6判
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社白泉社 >
  3. 小画集付き限定版も!「この愛は、異端。-ベリアル文書-」3月27日発売